MENU

江戸川区新小岩駅近くの歯医者よつば歯科クリニック|診療内容

WEBからの予約はこちら
  • 新患・急患
    随時受付
  • バリア
    フリー
  • キッズ
    スペース
ご予約・お問い合わせ
メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
お電話の方は下記の番号まで
電話番号03-5678-4078

〒132-0021 東京都江戸川区中央4-8-4 1F JR総武本線「新小岩駅」南口より徒歩12分

診療内容

SERVICES

一般歯科GENERAL DENTISTRY

「ご自身の歯を残す」を第一に

一般歯科

皆さまは、むし歯治療にどんなイメージをお持ちですか?
「痛い」「嫌な音がする」など、マイナスなイメージを持っている方がほとんどだと思います。

当院では、患者様にとって最も苦痛になる治療の際の「痛み」を可能な限り軽減してむし歯治療を行うために、
「1.痛くない」「2.削らない」「3.抜かない」の3つの「ない」を心がけています。
患者様からは「痛くなかった」「あっという間に治療が終わった」「他院で抜歯と言われた歯も残すことができた」など、嬉しい声をいただいております。

また、痛みを抑えることはもちろん「ご自身の歯を残す」ことを第一に考えて歯の治療を行っている当院では、 むし歯の取り残しのないように様々な工夫を行い再発を防止したり、 他院で抜歯と判断された歯も残せるように精度の高い根管治療を行います。

なるべく痛くないむし歯治療の3つのポイント

  • 1.表面麻酔

    表面麻酔

    麻酔を注射する箇所にまずは表面麻酔を塗ります。表面麻酔を塗ることで、注射時の痛みを少なくします。
    注射時の痛みさえ軽減できれば、あとは麻酔で治療の痛みを感じることはありませんので、安心して治療を受けていただけます。

  • 2.極細ドリル

    極細ドリル

    歯を削る「バー」というドリルには、様々な太さがあります。
    これは細ければ細いほど小さな範囲を削ることができるため、削る範囲を抑えるためにはなるべく細い針を使わなければなりません。
    当院では、現在使用することの出来るドリルの中で最も細いドリルを使用しますので、歯の健康な部分まで削りすぎてしまう心配がありません。

  • 3.注射針は極細のものを使用

    極細注射針

    注射をする際も、針は細ければ細いほど痛みは少なくなります。
    当院では患者様の痛みをできる限り軽減できるように、現在発売されている注射針のなかで最も細い針を使用することで、痛みを少なく注射することができます。

なるべく歯を削らない最先端治療

精密な治療に欠かせない「拡大鏡」

拡大鏡

歯を削る範囲を最小限に抑えるには、まず治療部分がしっかり見えていないと難しいので、拡大鏡を使って治療を行う必要があります。
当院では、治療時には必ず拡大鏡を用いて治療を行い、より精密な治療を目指しています。

ほとんど歯を削らない「MTAセメント」

MTAセメント

通常のむし歯治療では、まずむし歯の部分をしっかりと除去するために歯を大きく削る必要があります。
そして、むし歯が神経にまで達していた場合は感染した神経を取り除く必要があります。

しかし、このMTAセメントを使用すれば、神経を保存できる可能性があります。
神経は保存できた方が、歯が長持ちすると言われています。

むし歯を確実に除去するための「う蝕検知液」

う蝕検知液

う蝕検知液を使うことで、むし歯の感染部分を赤く染め出すことができ、一目でむし歯の感染を確認できます。
むし歯を取り残しのないように除去することは再発防止に最も効果的ですが、通常の治療では歯の硬さを頼りに、むし歯に侵されて軟らかくなった部分を削るしかないので、正確に除去することがとても難しいのです。
当院ではう蝕検知液を用いることで、むし歯に感染している部分を確実に、最小限の範囲を削り取ることができます。

歯を抜かずに残すための根管治療

重度のむし歯も「マイクロスコープ」で抜歯を回避

マイクロスコープ

マイクロスコープを使用することによって、肉眼の最大24倍の大きさでお口の中を見ることが出来ます。
肉眼では見ることのできない歯の細かい凹凸や根管の状態など、お口の中の詳細な情報がわかるので、診断能力が上がり、より精密な治療を行うことができます。

特に根管治療においては、どれだけしっかりと治療部位を確認できるかが成功の鍵となるため、正確な根管治療を行うためには欠かすことの出来ない機器です。

日本の一般的な歯科医院での導入率が5%の中、当院ではマイクロスコープを使用した精密な根管治療を行うことができます。

早期発見・治療でお口の健康を守りましょう

むし歯が進行して歯を抜いてしまった場合、ブリッジをかけるために健康な歯までも何本か削らなければならない場合もあります。むし歯は進行すればするほど治療期間は長く、費用もかかってしまいますので、「むし歯かな」と感じたら早めに受診してください。

小児歯科CHILD DENTISTRY

小児歯科

「歯医者さんは怖いところ、痛いところ」というイメージがついてしまうと、大人になっても歯医者を遠ざけてしまいます。 お子様が安心して治療に入りやすいように、いきなり治療を行うのではなく、まずは診療台に座ったり、治療器具やお口を開くことに慣れてから治療を始めていきます。 乳歯は永久歯と比べてむし歯になりやすいので、フッ素塗布やシーラントといったむし歯の予防を行うことが大切です。

乳歯のむし歯をそのままにすると…

「乳歯は抜けてしまうからむし歯になっても大丈夫」という認識は大きな間違いです。
お口の中にむし歯菌があると、生えたての乳歯や永久歯は抵抗力が弱いため、むし歯になりやすく、早く進行してしまいます。
また、むし歯などにより乳歯を早くに失ってしまうと、あごの成長を妨げ、歯並びがガタガタになってしまう可能性もあります。

乳歯をむし歯から守る3つの予防

  • 奥歯のむし歯を予防するシーラント

    奥歯のむし歯を予防するシーラント

    乳歯の奥歯は溝が深いので、歯ブラシが届きにくく、汚れが溜まってしまいます。特殊なプラスチックで溝を埋めることで、むし歯を予防することが出来ます。

  • 歯を強くするフッ素塗布

    歯を強くするフッ素塗布

    乳歯の柔らかい歯にフッ素を塗ることで、むし歯菌が発生させる酸へ対抗できる歯の表面にすることができます。また、むし歯になりかけた部分の自然修復(再石灰化)を助けることもできます。

  • 歯科衛生士によるブラッシング指導

    歯科衛生士によるブラッシング指導

    正しい磨き方で歯を磨くことは、大人になってからのむし歯や歯周病の予防にもとても効果的です。お父様、お母様には仕上げ磨きの方法や、お子様にあった歯ブラシの選び方をお教えします。

お子様が楽しく通える工夫

「歯医者さんは楽しいところ」そう思っていただけるように、キッズスペースをご用意しておりますので、楽しく遊びながら待ち時間を過ごしていただけます。
スタッフが明るくお出迎えし、笑顔で優しく対応いたします!

予防歯科PREVENTIVE DENTISTRY

予防歯科

定期検診や予防処置を受けることで、むし歯や歯周病を未然に防ぎ、お口の中を健康な状態に保つことを「予防歯科」といいます。
歯科での診療というと、歯に痛みが出てから受診される方が多いですが、むし歯や歯周病は初期段階では痛みが少なく、気づかぬうちに進行してしまいます。
定期検診や予防処置をこまめに受けることで、ご自身では気づかないようなお口のトラブルも、早期発見・早期治療をすることができます。

当院ではSMT(唾液検査キット)を導入しています

短時間で口腔内の状態を明確に診断し、リスクに応じてむし歯や歯周病を未然に防ぎ、より効果的なホームケアのアドバイスをさせていただきます。

定期検診では次のことを検査します

  • むし歯や歯周病の進行
  • 詰め物や被せ物の劣化
  • 舌や頬の粘膜の状態
  • 唾液の量と質
  • かみ合わせや顎の関節の状態

むし歯や歯周病のリスクをご説明し、生活習慣をお伺いしながら、お一人おひとりにあった予防プログラムを立案いたします。
当院では、予防に効果的なクリーニング(PMTC)や、歯科衛生士によるブラッシング指導などをご案内しております。

歯科医師・衛生士によるプロケアメニュー

歯科衛生士によるプロフェッショナルクリーニング「PMTC」

PMTCとは、専用機器を使用してお口のクリーニングを行う方法です。
ご自身の歯磨きでは落としきれなかった歯垢(プラーク)や歯石などをプロの手によりキレイにします。

PMTCの流れ
  1. 1
    歯石・歯垢除去
    研磨

    専用の機器で徹底的に歯石・歯垢を除去していきます。 プロフィーメイト(ジェット水流)を使って、歯に付着したバイオフィルムや着色の除去も行います。

  2. 2
    研磨
    研磨

    専用の歯ブラシにフッ化物入りのペーストを用いて、歯の着色を取り除き、1本1本丁寧に磨いていきます。

  3. 3
    フッ素塗布
    フッ素塗布

    むし歯を予防する効果のあるフッ素を、歯と歯の間や表面に塗っていき、むし歯になりにくい歯にしていきます。エナメル質の微細な傷を修復し、ツヤと輝きのある歯面に仕上げ、歯垢や着色の再付着を防止します。

  4. 4
    ホームケアアドバイス
    ホームケアアドバイス

    どうすればむし歯を予防できるのかというお話と、正しいブラッシングケアをご指導いたします。

PMTCクリーニングの症例

通常の歯磨きでは落とすことのできない茶渋・タバコのヤニなどの着色汚れをキレイに取り除き、歯本来の白さや光沢を取り戻すことができました。

  • 施術前

    施術前

  • 施術後

    施術後

ブラッシング指導

ブラッシング指導

ご自宅でのセルフケアをしっかり行っていただくために、歯科衛生士が歯磨きの仕方を指導させていただきます。お一人おひとりに合わせた歯磨きの仕方、歯ブラシの選び方をお教えしております。

ご自身の歯ブラシをご持参いただくことで、歯磨きの癖を確認することができます。普段お使いの歯ブラシがございましたらぜひご持参ください。

予防歯科について詳しくはこちら

歯周病PERIODONTAL

歯周病

歯周病とは、歯と歯ぐきの間に汚れが溜まることで炎症を起こし、症状が進行すると歯を支える顎の骨も溶かしてしまい、最終的に歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。
歯周病の症状には段階があり、初期段階の「歯肉炎」は痛みがほとんどないので、なかなか気づきません。
そのまま放置することで「歯肉炎」が悪化し、歯と骨を結び付けている組織にまで被害がおよび、骨が溶け出す「歯周病」へと進行します。
ご自身の歯を健康で長持ちさせるためには、できるだけ早く適切な治療で進行を止め、歯ぐきを健康な状態に戻すことが大切です。

歯周病チェックシート

チェックしましょうスタッフ

歯周病チェック

歯周病チェック歯周病チェック

歯周病チェック歯周病チェック

歯周病の進行の様子

歯周病の進行の様子

歯周病検査

当院では、定期検診を受けられた際に「歯周病のリスクがある」と判明したときや、患者様から治療のご相談をお受けしたときには「歯周病検査」を行います。

  • レントゲン撮影

    レントゲン撮影

    レントゲン撮影によって骨の密度を確認し、進行度を調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

  • ポケット検査

    ポケット検査

    「プローブ」という器具で歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。溝が深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

  • 歯の揺れ具合

    歯の揺れ具合

    ピンセットを使って歯の揺れ具合を確認します。歯周病が進行していると、歯がしっかりと支えられなくなるので、歯がグラグラしてきます。

治療方針のご説明

治療方針のご説明

歯周病検査の結果を元に、歯周病の進行状態に適した治療法をご説明いたします。
軽度の場合は、専門的なクリーニングやブラッシング指導などで改善させることができますが、重度まで歯周病が進行すると歯周病の改善にはかなり時間がかかってしまいます。
いきなり治療に入るのではなく、患者様のご希望などを伺うためのカウンセリングを行ってから具体的な治療へと進めていきます。

歯周病治療

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

歯と歯ぐきの間に汚れが溜まり、歯ぐきに炎症が起きると歯周ポケットが深くなります。
麻酔をして専用の器具で歯の根に付いた歯周病菌と歯石をしっかりと除去し、炎症で腫れていた歯ぐきを引き締め、歯周ポケットを小さくしていきます。

外科治療

重度の歯周病の場合は、大量の歯周病菌と歯石が歯の根に付いているので、SRPでは取りきることができません。
麻酔をして歯ぐきを切開してめくりあげ、歯の根を露出させて歯周病菌と歯石を確実に除去していきます。

マイクロスコープを使った精密治療

数ミリ程度の細かい作業なので、当院ではマイクロスコープを使いながら肉眼の3~20倍に視野を拡大し、歯周ポケットの中に隠れている感染部分や歯石を取り残しのないように丁寧に除去していきます。

歯周病を予防するにはどうしたらいいの?

プロによる定期的なクリーニング

ご自身で正しい歯磨きを行っていただき、定期的に歯科医院にて歯石の除去を行うことで、歯周病を進行させないようにすることができます。
当院では、歯科衛生士による専門的なクリーニング、ブラッシング指導で患者様のお口の健康をサポートしております。

バクテリアセラピーで菌質改善

バクテリアセラピー

体にはたくさんの菌が生息していて、通常は善玉菌が悪玉菌を抑えて活動していますが、乱れた生活習慣や食生活を続けていると善玉菌が体内に生息しにくくなります。
減ってしまった善玉菌を新たに摂取することで、体のバランスが正常に保て、免疫力を強化させることにより、むし歯や歯周病、風邪、便秘、下痢、各種アレルギーなどを未然に予防することができます。

当院では、BioGaia社のロイテリ菌(乳酸菌)を含んだプロデンティスを取り扱っております。

歯周病について詳しくはこちら

インプラントIMPLANT

インプラント

インプラントとは、天然歯の代わりとなるチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上から人工歯をかぶせ、人工的に歯を再生させる治療法です。
顎の骨と結合して固定させるので、硬い食べ物もご自身の歯のようにしっかりと噛むことができます。
入れ歯やブリッジは、周りの歯を使って人工歯を固定させるので、健康な歯にも負担をかけてしまいますが、インプラントは歯を失った箇所に直接埋め込むので、周りの歯を傷つけずに治療をすることができます。

歯科用CT

歯科用CTを使用して患者様の骨や神経の状態を確認し、カウンセリングをしっかりと行った上で治療を進めてまいります。
ご納得いただいてから治療を進めますので、気になったことは何でもご相談ください。

インプラント治療のメリット

インプラント ブリッジ 入れ歯
治療が
可能な本数
1本~すべて 1本~2本 すべて
見た目の
美しさ
天然の歯に近い見た目 素材によっては
天然の歯に近い見た目
周囲の歯と義歯の違いが
目立つ場合がある
特徴 ◎義歯に見えない
◎健康な歯を削らない
◎咬む力を維持できる
◎義歯に見えない
△健康な歯を削る必要がある
△支えの歯に負担がかかる
◎初期費用が安い
△高齢感が出る
△咀嚼力がやや落ちる
口腔内の
衛生状態
優れている
(お手入れは必要)
不衛生になりやすい 不衛生になりやすい

インプラント手術の流れ

(1)一次手術

2回手術を行うインプラントの2回法では、 1回目の手術で顎の骨に穴を開けてフィクスチャー(人工歯根)を埋め込み、 フィクスチャーが骨と結合するまで3~6ヶ月ほど期間を開けて、2回目の手術を行います。

  1. 1

    歯茎を切り開きます

  2. 2

    専用ドリルで顎の骨に穴を開けます

  3. 3

    フィクスチャーを挿入

(2)二次手術

フィクスチャーと顎の骨が結合したら、2回目の手術を行います。 フィクスチャーと人工歯を連結するアバットメントを挿入し、仮の人工歯を装着します。

(3)上部構造の装着

二次手術が完了し、インプラントを埋め込んだ箇所の歯周組織が治癒してきたら上部構造(人工歯)を作成します。 噛み合せなどをチェックしながら、上部構造を取り付けインプラント手術は終了です。

しかし、インプラントにはメインテナンスが不可欠ですので、長く使い続けられるように治療後も定期的に検診を受けましょう。

骨量が不足している場合

検査の結果から、顎の骨の厚みや高さが足りないと診断された場合は、インプラントを顎の骨に固定することができないため治療を行うことができません。
しかし、人工骨やご自身の骨を増殖するなど、インプラントを埋め込むために適した状態に治療することによって、インプラント治療が可能になることもあります。顎の骨の状態に合わせてさまざまな治療方法がありますので、他院でインプラント治療は困難と診断された方も一度ご相談ください。

当院のインプラント治療の特長

経験豊富なドクターが担当いたします

経験豊富なドクター

当院では多くのインプラント治療に携わり、経験の豊富なドクターが担当いたします。
初回のカウンセリングから担当し、患者様のご要望や状態によって最適な治療計画を立案いたします。
術後の経過観察も責任を持って対応いたします。

ノーベル・バイオケア・ジャパン社のインプラントを使用

ノーベル・バイオケア・ジャパン社のインプラント

当院のインプラントは、40年以上の歴史があるトップメーカーを使用しております。
現在では世界70カ国以上の歯科医院で最も広く使われています。
製品の種類も多く、長期にわたり保管しているので再治療や修理が必要になった場合も安心です。また、引越しなどの理由で当院に通えなくなってしまった場合も、お近くの歯科医院がノーベル製品を使用していれば、メンテナンスを受けることができます。

保証書を発行しています

保証書を発行

完成した治療を長く維持していただきたく、定期的にメンテナンスに通っていただいている方には10年間の保証制度が適用となります。
インプラント治療終了後に通常使用での破損や脱落、不具合が生じた場合、保証書をお持ち下されば、当院においてご本人の負担なしに修理、再装着、再作製を行っております。

※保証規約を守っている方が対象となりますので、詳しくは保証規約をご覧ください。

インプラントについて詳しくはこちら

光殺菌治療PHOTOSTERILIZATION

光殺菌治療

光殺菌治療とは、細菌感染した歯や歯ぐきに、光感受性ジェルを浸透させ、特殊な光を照射して感染部分を殺菌する治療法です。
主に、深く進行したむし歯の根管治療や歯周病治療、インプラント周囲炎などの細菌が引き起こす症状の治療と、再発予防としての効果があります。

当院の特長

耐性菌をつくらない
抗生物質による治療とは異なり、光殺菌治療は耐性菌をつくりません。
耐性菌にも効く
光感受性ジェルはあらゆる細菌の細胞壁や細胞膜に浸透します。そのため、光殺菌治療ではすでに耐性化した細菌も殺菌可能です。
痛みや副作用がない
光殺菌治療は患部に光感受性ジェルを注入し、光照射を行うだけで治療中痛みを伴いません。
また、副作用もありませんので繰り返し治療に利用できます。

光殺菌治療の流れ

  1. 1

    感染部分の除去

    光殺菌治療光殺菌治療

    まずは症状にあった治療を行います。歯の根の中の掃除や、根の表面の歯石などを取り除きます。

  2. 2

    光感受性ジェルを注入

    光殺菌治療光殺菌治療

    光感受性ジェルを、歯の根の中や歯周ポケット、粘膜に注入または塗布していきます。

  3. 3

    光殺菌

    光殺菌治療光殺菌治療

    1分間光を照射して光殺菌します。

  4. 4

    洗浄

    光殺菌治療光殺菌治療

    光感受性ジェルや死滅した細菌を洗い流します。

光殺菌治療について詳しくはこちら

矯正歯科ORTHODONTAL

矯正治療はお子様から成人の方まで行えます

矯正歯科

お子様の歯並びが悪くなるのは歯が原因ではなく、顎を中心とした顔の成長が不足しているからです。小児矯正は、顎の成長を味方につけながら顎の骨を矯正するので、抜歯をせずに歯並びを整えることができます。
また、舌の位置が悪い、頬杖をつく、歯ぎしりなどの癖も歯並びを悪くする原因になるので、癖によって歯並びが悪くなってしまっている場合は、矯正と並行してMFT(口腔筋機能療法)と呼ばれるお口のトレーニングを行うことで、後戻りのない確実な治療をいたします。まずは診察をして原因をしっかりと把握してから、年齢や生活習慣に適した治療プランや治療開始時期についてご説明させていただきます。
成人されている患者様には目立たない装置をご用意しておりますので、見た目を気にせず矯正治療を行っていただくことができます。
歯並びにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

このような症状はございませんか?

  • 症状1

    前歯が出ている
    (出っ歯)

  • 症状2

    下の歯が前に
    出ている(受け口)

  • 症状3

    前歯が開いて
    しまう

  • 症状4

    下の歯がほとんど
    見えない

  • 症状5

    歯並びが
    でこぼこしている

  • 症状6

    歯と歯の間に
    すき間がある

歯並びが悪いまま放置しておくと、見た目だけでなく、噛み合わせや発音が悪くなったり、
むし歯ができやすくなるなど、様々な影響がでてきます。お早めにご相談ください。

治療のタイミング

矯正治療はお子様のうちからでも、成人している方でも、いつでも始められます。それぞれ適切な矯正方法をご提案させていただきますのでご安心ください。

お子様の矯正は2段階に分けて治療を行います

混合歯列期(乳歯と永久歯)混合歯列期 Ⅰ期段階(子供の矯正治療)Ⅰ期段階
土台を整える小児矯正

永久歯が生え揃う前の場合は、身長とともに顎も成長しています。この時期に顎の成長を利用する「床矯正」で顎の骨の矯正を行い、顎を広げることで、大切な永久歯を抜歯せずに治療することができます。永久歯が生え揃うまで経過を診察しながら土台を整えていき、Ⅱ期の治療に備えます。

永久歯列期永久歯列期 Ⅱ期段階(大人の矯正治療)Ⅱ期段階
装置をつけて歯を動かす成人矯正

永久歯が生え揃ったら、歯並びや咬み合わせが永続的に美しく健康に保てるよう、1本1本の歯を適切な位置に動かしていく治療に入ります。この段階から治療を始める場合、すでに顎の骨が完成しているので、歯並びを整える為に必要なスペースが足りていないことがあります。
そこに矯正装置を取り付ける場合、抜歯をしたり歯を削る必要があります。

矯正治療をより効果的にする
口腔筋機能療法(MFT)

無意識のうちに噛みしめている、口が開いている、舌で歯を押しているなどの癖を直さずにいると、せっかく矯正をして整えても、装置を外した途端に元の状態に戻ってしまうことがあります。
そのような癖が無意識のうちに出てしまう場合、まずはその癖に気づき、ご自身でも直すように心掛けることが大切です。間違った噛み合わせにより歯の位置が正常でない場合、舌や唇などのバランスを良くするためのトレーニングが必要になります。
このトレーニングを口腔筋機能療法(MFT)といい、矯正治療と並行して行い、舌・唇・頬などの口腔筋を鍛えることで、歯並びの悪さを根本から治療していきます。

矯正症例

16才 女性

顎の成長が終了してから抜歯を行い、スペースを確保してそこにゆっくりと歯を移動させていきます。
歯並びも噛み合わせも整い、無事に矯正装置を外すことができました。

  1. 症例写真症例写真
  2. 症例写真症例写真
  3. 症例写真症例写真
  4. 症例写真症例写真

矯正中は汚れが溜まりやすくなるため、むし歯ができやすい状態になっています。むし歯を防ぐため、こまめなクリーニングをお勧めいたします。

矯正歯科について詳しくはこちら

審美歯科ESTHETIC DENTISTRY

審美歯科

審美歯科とは、見た目の美しさだけでなく、歯本来の機能の回復も重視した「美と健康」を考えた治療です。
保険適用の詰め物・被せ物の取り扱いはもちろん、見た目や機能性を重視したい方のご希望にも添えるよう、様々な素材を豊富にご用意しております。
一時的な美しさのための治療ではなく、ご希望を伺った上で検査と診断を行い、お一人おひとりに合った素材をご提供いたします。

金属を使わないメタルフリー治療

保険内治療でも金属の丈夫な詰め物・被せ物で治療することができますが、時間経過によって変色したり、唾液によって金属が溶けて歯ぐきが黒ずむことがあります。溶けだした金属イオンが体内に入ると金属アレルギーを引き起こす原因にもなります。
金属アレルギーの方も安心していただけるよう、メタルフリーの素材もご用意しております。

扱っている白い詰め物・被せ物の種類

  • オールセラミッククラウン

    オールセラミッククラウン
    • ・自然歯の色に近く、透明感も再現できる
    • ・歯ぐきとの境目がわかりずらく、自然に生えて見える
    • ・金属を使用しないため歯ぐきへの変色がない
    • ・金属アレルギーの心配がない
  • メタルボンドクラウン

    メタルボンドクラウン
    • ・天然歯の色に近い再現ができる
    • ・内側に金属を使用しているため強度が高く、噛む力が強い方や、奥歯の使用に向いている

上記以外にも、ご予算やご希望に応じた様々な素材を扱っております。
口元でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

審美歯科の詳しい種類はこちら

安心・安全の国産の技工物

安心・安全の国産の技工物

当院では、保険・自費にかかわらず技工物はすべて国内の技工所へ依頼し、1つ1つ丁寧に製作しております。
素材の特性を活かしながら製作を行うので、仕上がりの精度が上がり、歯の色や歯と歯ぐきの境目が自然に見える技工物をご提供いたします。

ホワイトニングWHITENING

ホワイトニング

ホワイトニングとは健康な歯を削らずに、本来の歯の白さを取り戻す治療法です。
食生活や生活習慣などによる着色、遺伝や加齢による歯の黄ばみに対し、専用の薬剤を浸透させ、歯の内側から漂白していきます。
患者様のライフスタイルに合わせたホワイトニング方法をご提案させていただきますので、歯の色でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

  • 生まれつきの黄色みがかった歯を白くしたい
  • 差し歯だけ歯の色が違うから気になる
  • 加齢による歯の黄ばみを白くしたい
  • 結婚式までに歯を白くしたい
  • 日常生活による着色を白くしたい
  • 口元に自信がなくて笑ったときに口を手で隠してしまう

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医師もしくは歯科衛生士が施術を行います。唇と歯ぐきを保護し、歯の表面にホワイトニングジェルを塗ります。
その上から一定時間、特殊な光を照射して歯を一気に白くしていきます。
当院では、「Ken'sホワイトニング」と、GC社の「Tionホワイトニング」の2種類を取り扱っております。 ホワイトニングが初めての方にはGC社の「Tionホワイトニング」 をおすすめしています。

オフィスホワイトニングの手順
  1. 01

    治療前の歯の色をチェックします。

  2. 02

    歯のクリーニングで、歯垢、歯石、着色の除去をします。

  3. 03

    ホワイトニングジェルが歯肉に触れないように保護します。

  4. 04

    白くしたい歯に薬剤を塗布し、光を当てます。

  5. 05

    ホワイトニングの効果を確認します。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。
歯列の形取りをして専用のマウスピースを製作します。その際に、使用に関する注意点などもしっかりとご説明させていただきます。
マウスピースとホワイトニングキットを持ち帰っていただき、あとはご自宅にてご自分のペースで施術を行っていただけます。薬剤がなくなった場合は追加購入することも可能です。

白くなるまでの期間や効果は個人差がありますので、ご了承ください。
また、むし歯や歯周病がある場合は薬剤がしみる原因にもなるので、しっかりと治療を行ってから施術していきます。

ホワイトニングについて詳しくはこちら

義歯(入れ歯)DENTURE

義歯(入れ歯)

入れ歯とは、むし歯や歯周病、加齢などにより歯が失われたときにその部分に入れて機能を回復させる人工歯です。
合わない入れ歯を使い続けると、痛みや違和感だけでなく、思うように食事をとることができず、体の健康にも影響を及ぼすこともあります。
また、歯がない部分をそのままにしていると、周りの歯が倒れてきたり、対合歯が伸びるなど、歯並びを乱す原因にもなります。

当院では保険適用の入れ歯はもちろん、より審美性や機能の高い入れ歯もご用意していますので、患者様のご要望やご予算に応じた入れ歯をご提案いたします。

しっかり噛める、自分にぴったりの入れ歯を

入れ歯のお悩み

現在使用している入れ歯を使いやすくしたり、入れ歯を作り変えた方が良い患者様には分かりやすい言葉できちんとご説明してから、ご希望に合わせて最適な入れ歯をご提案いたします。
また、何らかの原因で入れ歯が割れたり壊れたりした場合は、使用している素材に合った修理方法があるため、ご自身では修理せずに、必ず歯科医院へお持ちください。
現在の入れ歯にお悩みのある方も、これから入れ歯を作ろうとお考えの方も、ぜひお気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

  • 部分入れ歯

    部分的に歯を失った場合の補綴治療法です。
    歯の抜けた部分に対して、その歯の代わりをする人工歯と歯ぐきを補うピンク色の床を、残っている歯にクラスプ(金属の留め具)で固定します。

  • 総入れ歯

    総入れ歯

    すべての歯を失った場合の補綴治療法です。
    歯の代わりをする人工歯と、歯ぐきを補うピンク色の床でできていて、粘膜の吸着力で維持させます。

金属の留め具を使用しないもの、歯ぐきへの負担を減らせるシリコン素材のもの、
薄くて丈夫な金属床の素材など
、ご予算やご希望に応じた入れ歯をご用意しております。

入れ歯の詳しい種類はこちら
定期的なメンテナンスで入れ歯が長持ち

汚れが溜まると口臭の原因になったり、土台になっている歯が歯周病になって抜けてしまうことで入れ歯を作り直すことになりかねません。できるだけ長く入れ歯をお使いいただくために、入れ歯を毎日洗浄して清潔にお使いください。
残った歯を守るため、お口の健康を維持するためにプロによるクリーニングケアも大切です。毎日のブラッシングに加えて、定期的に歯科医院でクリーニングすることをおすすめしております。

歯科口腔外科DENTAL SURGERY

歯科口腔内外科

歯科口腔外科では、お口の中のできものや怪我、顎の関節の痛み、親知らずの抜歯など、むし歯や歯周病とは異なる疾患の治療を行います。
お口の中のできものといえば口内炎が一般的ですが、口腔癌は見た目では口内炎やその他の疾患と似ているので、ご自身では気づかないことがあります。痛みもなくできものがだんだん大きくなるような場合は早めに受診をしてください。

口腔外科での主な症状

  • 歯が腫れている・出血している
  • 怪我をして歯が折れた
  • 歯がぐらぐらする
  • 顎が開かなくなった・開けにくくなった
  • 口を開けるとカクカク音がする
  • 顎が痛む
  • 口内炎や潰瘍が治らない
  • 舌が黒ずんでいる
  • 粘膜に食べ物がしみる
  • 親知らずが腫れて痛い
  • 親知らずが横や斜めに生えてきた

思いあたる症状があればご相談ください。詳細に検査した後に、最善の治療法をご提案させていただきます。
また、より専門的な治療が必要とされる場合は大学病院などをご紹介いたします。

親知らずが痛む方へ

親知らずが痛む方へ

親知らずがキレイにまっすぐ生えている場合は問題ありませんが、スペースがなく斜めに生えたり、 親知らずの周りに歯ぐきが被っていると汚れが歯ぐきの中に入り込んで炎症を起こして痛みだします。
炎症や症状が治まっても、親知らずが生えている間は、繰り返し炎症を起こすので抜歯が必要になる場合があります。
当院では歯科用CTを導入しているので、歯や顎を立体的に撮影することができます。
神経や血管などの位置を正確に把握し、抜歯後に異常が出ないか安全を確認してから抜歯を行っていきます。

新小岩駅周辺について
当歯科医院があるJR中央・総武線「新小岩駅」は、都内でありながらも自然が残っていて、ご家族で住みやすい街としてファミリー層に人気があります。江戸川区中央にある「江戸川区総合文化センター」は、新東京百景にも選ばれた小松川境川親水公園の「水の庭園ゾーン」が隣接していて、水と緑に囲まれた自然豊かな施設です。桜並木がとても綺麗で、新小岩地域周辺の有名なお花見スポットとなっています。施設内のホールでは、コンサートや歌舞伎・落語、バレエ公演などで利用されていて、音の響きのよさが高く評価されています。また、展示室や和室なども備わっていて、大杉、松本、本一色、松島、松江から習い事で利用しに通う人の姿が見受けられます。よつば歯科クリニックは、江戸川区中央の住宅街で診察にあたる歯科医院です。学校や幼稚園の多い地域に位置し、葛飾区、墨田区、江東区からもご来院いただいております。「新小岩駅」からバスを利用してお越しいただくこともでき、「江戸川高校前」下車すぐとアクセスしやすい場所にあります。平日は夜19時まで、土曜も診療をしているので、平日に通うことができない方でも安心して通院いただけます。お子様からご年配の方までご家族皆様で通える、新小岩地域に根ざした歯科医院を目指していきます。