目立ちにくいマウスピース矯正

 

 

・前歯の歯並びを少し治したい

・すきっ歯が気になる

・受け口を治したい

・八重歯を治したい

・笑うと歯茎が見えるのが気になる(ガミースマイル)

・噛み合わせを治したい

・昔矯正をしていたが、後戻りしてきた

 

上のチェック項目で当てはまるものはありますか??

 

 

「インビザライン」という ”マウスピース矯正”で

お悩みを解決しませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

メリット1:「透明で目立ちにくい」

ひとりひとりに合わせて作った

透明なマウスピースで矯正します。

治療の段階に合わせて新しい装置に交換し、

徐々に歯を動かしていきます。

とても目立ちにくく、

「目立つ治療は嫌だな、、」という方にもオススメです。

 

 

メリット2:「自分で着脱ができる」

・食事中に取り外せる

・スポーツ時に取り外せる

・歯ブラシ中も取り外せるのでブラッシングがスムーズ

・お手入れも簡単♪

 

今までのワイヤーを使った歯科矯正では、

一度器具を装着すると

治療が終わるまで取り外せなかったり、

器具に食べ物や汚れが挟まったり、

ワイヤーが切れると歯科医院へ行かないといけなかったり

という不便さがありました。

 

マウスピース矯正では、食事の時や

スポーツを行う時など

場合に応じて自分で着脱が可能です。

 

歯ブラシ中も取り外せるので

物がつまったりという不快感もなく

今までどおりブラッシングするだけです。

 

また、金属を使用していないので

唇や口の中の粘膜を傷つけるリスクも低いです。

 

 

 

 

 

治療期間

歯の状態によって治療計画は異なりますが、

だいたい1年~2年と言われています。

 

 

費用について

お口の中の状態は人によって様々なので

一概には言えませんが、

歯科矯正の平均的な費用は総額100万円前後。

(※詳しい費用を知りたい方は

一度ご来院いただき相談させて下さい。)

 

 

 

 

女性が日々使っている美容やカフェにかける費用をまとめると

長い年月でみれば歯科矯正の費用の方が安いというデータもあります。

「歯は一生もの」と考えると、カフェや美容を少し節約して、

歯科矯正にかけてみても良いかもしれませんね!

 

 

内容 1ヶ月 1年 10年 20年
エクササイズ 8,234円 9・8万円 98万円 196万円
エステ・マッサージ 8,027円 9.6万円 96万円 192万円
美容院 6,063円 7.2万円 72万円 145万円
毎日カフェ 8,000円 9.6万円 96万円 192万円
歯科矯正 4,166円 4.9万円 49万円 100万円

 

出典:アライン・テクノロジージャパン株式会社

「美容にかかる費用」

 

 

 

 

矯正で見た目を良くするのももちろんですが、

歯並びが良いと、歯の重なりもすくなく磨きやすいので

むし歯になるリスクも減りますよ。

 

矯正治療の相談までは無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

お子様のマウスピース矯正「インビザライン」について

 

 

10代のお子さまの矯正治療 においては、

成長発育を利用し歯を抜くことなく矯正することが可能なため、

矯正治療にとても適した時期です。

小児用マウスピース型矯正(インビザラインティーン)は、

痛みもほとんど無く、

透明なマウスピースなので、見た目の変化も少なく、

日々の生活も犠牲がありません。

 

 

  • 理想的な歯根の移動

小児用マウスピース型矯正装置には、歯根に理想的な力をかける「パワーリッジ機能」が加工されているので、10代のお子さまの歯に合わせたスムーズな切歯(前歯)の移動が可能です。

 

「パワーリッジ」とは、マウスピースに加工されている「くぼみ」のことです。柔らかいプラスチックであるマウスピースで歯を動かしていくための機能のひとつで、特に前歯部分を効果的に動かすのに役立ちます。

 

  • 未萌出・萌出途中の歯牙にも対応

完全に生えていない歯が過剰に出ることを避けるための「萌出タブ」や、生えていない、または生える途中の歯が自然に生えてこられるような「萌出スペース」を確保。歯の成長を見守りながら矯正を行います。

 

  • 治療をしっかりサポート

小児用マウスピース型矯正(インビザラインティーン)では、マウスピースの紛失や損失に備えて合計6個の交換アライナーが価格に含まれます。また、マウスピースの装着時間が確認できるよう、装着時間に応じて色が変化するインジゲーターを組み込んであるので、お父様お母様も安心です。

 

  • 治療中も安心

金属製の矯正装置を使用しないため、装置の破損などの緊急性を要する事態は少なく、

また治療中でもマウスピースを外して歯磨きが普段通りできるので、口腔内を衛生的に保つことができます。スポーツや楽器演奏も普段通りに楽しむことができます。

 

 

 

口腔内スキャナー「iTero」を導入しました。

 

 

 

先日のブログでも紹介した口腔内スキャナーの

「i Tero」をよつば歯科クリニックでも導入いたしました。

 

 

 

かっこいいいいですね(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯型をスキャンする部分もとてもコンパクトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、歯型を立体的に記録していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iTero」とは

口腔内を3D光学のスキャニングを行い、

そのデータからコンピュータの画面上に精密な

歯型を記録することのできる機械です。

セラミックの被せ物や、マウスピース矯正の「インビザライン」の

歯型とりを行えます。

 

 

「iTero」の利点

・とても精密に歯型がとれる!

コンピューター上に3Dで記録できるので

精密に歯型をとることができます。

従来のシリコン印象やアルジネート印象では

変形してしまったりということがありましたが、

「iTero」では、変形することもありません。

 

 

 

 

・嘔吐反射が強い方も安心!

従来の、シリコンや粘土のようにものを使った歯型とりでは、

気持ちが悪くなったり苦手な方も多かったと思います。

「iTero」は先程の画像のような小さなカメラを使って

スキャンしていきます。

歯に直接触れることなく浮かせながらとっていくので

患者様の身体の負担が少なくスキャンできます。

歯型とりを行う間もしっかりと呼吸することができますし、

長時間動かずじっとしていないといけない、、ということもありません。

とても快適に歯型をとることができます(*^^*)

 

 

 

・早く、正確に歯型をとることができる!

「iTero」はスキャンして、その場ですぐに画面上で確認することができます。

再度、来院して歯型をとり直したりする必要もありません。

また、すぐに技工所やインビザラインの作成所にデータを送ることができるので

最短の日時で作ることができます。

 

 

 

 

・安全に歯型とりができる!

従来のシリコン印象のように、のどに流れてしまったりといった

心配もありません。

お子様やお口を小さくしか開けられない方も安心です。

 

 

 

 

マウスピース矯正にご興味がある方は

いつでもご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

シアトルでインプラントの勉強をしてきました。

 

 

理事長の大平です。

 

シアトルサイエンスファンデーションで、

「解剖」と「インプラント」の勉強をしてきました。

 

インプラント治療において、正確に診断することは重要なことです。

より正確に診断と治療ができるように、研修を受けてきました。

 

東京医科歯科大学で、一緒に学んだ岩永先生が

シアトルで解剖の研究をしており、臨床解剖の講義をしてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

吉留先生には以下の内容で「インプラント技術」について教わりました。

・骨造成を行った後のCGFメンブレンは2週間で吸収してくるが、止血効果がある

・インプラント手術直後に装着する仮歯は、清掃性と審美性の高いものにする事で予知性を高めることができる

・抜歯即時埋入においては、ガーゼを巻いた鋭ひで綺麗にした後にゲンタマイシン洗浄を行い、歯周病菌をはじめとする細菌除去をする

・口を閉じながら、下顎印象を行うことで、下顎のたわみを防ぐことができる。

・3ユニットで作るか、オールオン4にすることで、予後の良いインプラント上部構造が可能になる。

 

改めて「オールオン4」は、即日で、患者さんに自信を取り戻す事が

可能な治療である事を、再確認する事ができました。

 

 

 

 

 

 

●オールオン4とは

歯が1本もない方や多くの歯を失った方へ

4~6本のインプラントを埋入し、すべての歯を支える治療法です。

インプラントの埋入本数を最小限に抑えられるので

費用や身体への負担もおさえられます。

 

 

インプラントについてのご質問やご相談ある方は

いつでもご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトニングされる方増えています。

 

最近、「ホワイトニング」される方増えています(^^)/

夏に白い歯は素敵ですよね!

 

日本人の歯はもともと真っ白くはなく、黄みがかった色をしています。

肌の白さが個人差があるように、歯の色にも黄み赤みが個人差があるんです。

また、着色がつくような飲み物やタバコを吸われる方は

歯に色がつきやすいので、嗜好によっても歯の色は変わってきます。

タバコのヤニ、歯垢などは、歯ブラシや歯科医院でのクリーニング(PMTCなど)で

歯の表面についた付着物を取り除くことで

歯の本来の白さを取り戻すことができますが、

ご自身のもともとの歯の色よりも白くすることはできません。

歯の内側からの変色やご自身の歯の色よりも白くされたい方は

「ホワイトニング」をされてはいかがでしょうか。

 

 

【歯の変色の主な原因】

コーヒー、赤ワイン、タバコなど色素沈着するものを

日常的に摂取している

歯の磨きすぎ、歯ぎしり、加齢なでどで歯のエナメル質が薄くなり

内側の象牙質が透けてみえる

幼児期に抗生物質を摂取したり先天性代謝異常や

遺伝疾患などが原因の場合

 

【ホワイトニングとは、、】

「ホワイトニング」は、特殊な薬剤を使って歯の中の色素を分解して

白くする方法です。

(※被せ物などは白くはなりません)

 

 

ホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」、「ホームホワイトニング」

2つを組み合わせる「デュアルホワイトニング」の3種類があります。

 


 

▼一度で白くされたい方オススメ!

「オフィスホワイトニング」¥32400

歯科医院で行います。光照射で薬剤を活性化させて白くします。

当院では、90分じっくりかけて行います。

短時間で歯を白くできるのでお急ぎの方はオススメです。

 

 

どのくらい白くなるのかは個人差がありますが、

色の白さを表す単位(数字が小さいほど白い)が

だいたい日本人の歯の色と言われている「A3」から

「A1」ほどまで白くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフがホワイトニングを行いこれだけ白くなりました。

 

 

 

 

▼ホワイトニング前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ホワイトニング後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ホワイトニング手順

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①表面の汚れをおそうじします

②ホワイトニングの薬が歯肉につかないように保護します

③ホワイトニングの薬剤を歯に塗ります

④特殊な光で照射します

⑤一度の光照射で薬の効果が弱くなるので薬を取り除きます

⑥薬剤を塗って、照射を何度か繰り返し白くしていきます

⑦仕上げ磨き

⑧どのくらい変わったのか一緒に確認します。

 

▼使用しているホワイトニング剤

当院のホワイトニングは、日本の厚生労働省で認可された

ホワイトニング薬剤を使用しています。

 

認可された中でも、一番効果が認められている

GC社の「Tion(ティオン)」と「BRILLICA(ブリリカ)」を使っています。

ですので、とっても安心・安全に歯を白くできます。

 

▼注意事項

・ホワイトニング直後は酸性の飲料、着色の影響を受けやすいです。

タバコの煙も歯に吸着されやすくなるので控えましょう。

終了後24時間は色の付きやすいものは避けましょう。

 

・知覚過敏の方は症状が悪化する場合もあります。

知覚過敏用の歯ブラシ粉も処方しております。

 

 

 


 

 

▼お家で好きな時間に白くされたい方にオススメ!

「ホームホワイトニング」¥32400

 

薬液を塗布してマウスピースをはめていただきます。

1日1回、1~2時間を目安に行います。

2週間ほどかけてだんだんと白くなります。

確実に白くするためには2週間は毎日装着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼使用手順

①キレイに歯ブラシする

②マウスピーストレーにホワイトニングジェルを注入する

③マウスピースのトレーを装着する

※装着中は、、、

・日常生活には問題ないです。

・飲食、喫煙はできません

・寝てはめると長時間時間を置きすぎるのでしないようにしましょう。

④お口をすすぐ

⑤トレーを水で洗ってトレーケースで保管する

 

▼注意事項

・ホワイトニング後、30分は飲食、喫煙を控える

・色の濃い飲食物を控えると効果的です

・熱いものや冷たいものに刺激を感じる「知覚過敏」の症状がでたら

数日間使用を避けてください。

 

 


 

▼どちらも併用。それぞれの利点を合わせた

「デュアルホワイトニング」

 

一度医院でオフィスホワイトニングで白くした後に

色戻りしてきたらお家でホームホワイトニングというように

オフィスとホームを併用して行う方法です。

それぞれの利点を合わせるので最良の効果を生み出します。

 

 

 


 

 

 

ホワイトニングは徐々に後戻りしてきます。

定期的にホワイトニングされるのをオススメします。

 

1年以内に2度目のオフィスホワイトニングされた方

2回目は¥32400→¥21600

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングの両方される方

¥64800→¥54000に割引制度もあります。

 

 

歯が白いとお顔もパッと明るくなり印象がぐっと良くなります(^^)/

みなさんも試してみてくださいね。

 

 

大人の矯正治療~大人からでも治療できます。目立たない矯正も。~

 

 

「大人の矯正」

矯正は子供の時にするもの、、と思っていませんか?

最近では大人の方の矯正も増えています。

 

 

良い歯並びとは、

・上下の前歯の中心が合っている

・上下の前歯が前後2~3mmで重なる

・すべての歯が接合する

という歯並びです。

 

良い歯並びに当てはまっていない方は、

「不正咬合」かもしれません。

歯並びや噛み合わせが悪い「不正咬合」では、

見た目だけでなく、歯のすき間や重なっている部分に

磨きの残しが出てしまい、虫歯、歯肉炎、歯周病になりやすくなります。

また、発音しずらかったり、噛む力が一部に集中して

顎が痛むという症状が出たりもします。

 

 

出っ歯、歯茎が見える(ガミーフェイス)、受け口、しゃくれているなど

口元のお悩みがある方。。

矯正治療で良くなりますよ(*^-^*)

もし、歯並びでお悩みの方で、

「金属の装置やワイヤーをつけて目立つのが嫌だなあ」

という方も、最近では透明な矯正装置や

歯の内側に取り付ける矯正装置など、

目立ちにくい矯正治療もあります。

歯並びがこのままだとどうなるのか、

治療するとなるとどういった治療内容なのか、

費用、期間はどのくらいかかるのか、

一度ご相談にいらっしゃいませんか?

 

 

 

 

 

 

 

〈不正咬合の種類〉

 

■出っ歯(上顎前突(じょうがくぜんとつ))

 

 

 

 

 

上の前歯、上顎の骨が前に突き出た症状。

唇が閉じずらいため、前歯が乾燥しやすく

虫歯や歯周病の原因になります。

 

 

■受け口(下顎前突(かがくぜんとつ))

 

 

 

 

 

下の前歯が上の前歯よりも大きく突き出た症状。

横顔がしゃくれて見える

食べ物が噛みづらく発音にも影響します。

 

 

 

 

■前歯が閉じない(開咬(かいこう))

 

 

 

 

奥歯を噛んでも、前歯が噛み合わさずに

上下にすき間ができる症状です。

前歯でものをかみ切ることができず、

空気が漏れやすいため発音に影響しやすいです。

 

 

 

■深い噛み合わせ(過蓋咬合(かがいこうごう))

 

 

 

 

 

上野はが下の歯に覆いかぶさっている症状です。

上下が逆になっている症状です。

噛みづらさや発音にも影響するだけでなく

歯茎を傷つけやすく、歯自体をすり減らしてしますこともあります。

 

 

■八重歯、乱杭歯(叢生(そうせい))、ガタガタしている

 

 

 

 

 

歯が重なったりして歯並びがガタガタの症状です。

歯ブラシが隅々まで行き届きにくいため

虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

 

 

■すきっ歯(空隙指裂(くうげきしれつ))

 

 

 

 

 

歯と歯の間にすき間ができる症状。

歯と顎の大きさのバランスがとれていない、

歯の数が少ないなどが原因です。

舌で前歯を押す癖も関係しています。

 

 

 

 

 

ご相談は無料です。

どういった治療が必要か

ご予約お待ちしております。

 

 

 

 

「インビザライン矯正」透明なマウスピースの矯正について

 

「矯正したいけど見た目が気になる、、」

「昔矯正していたけど後戻りしてきた」

「大人から矯正を始めても大丈夫?」

 

と感じていらっしゃる方はいらっしゃいますか?

 

 

 

今日は「インビザライン」という矯正治療をご紹介します。

 

 

”矯正” の治療、どのようなイメージをお持ちですか?

「見た目が良くない」

「喋りにくい」

「歯にものがつまりやすい」

といったマイナスなイメージをお持ちでないでしょうか。

 

矯正をやってみたいけど、金属の装置をとりつけるのは

やっぱり抵抗がある、、

見た目が気になる、人に見られたくない、、

といって今まで矯正治療には興味があるけど踏み出せなかった方も多いはず。

 

 

そういった方にオススメなのが今回お話しする

マウスピースの矯正「インビザライン」です。

3次元的にコンピューターで矯正治療の

患者さまの歯の動きをシミュレーションして

矯正のマウスピース装置を作成します。

 


◆メリット1:見た目が目立たない

「インビザライン」は、

透明で取りはずし可能なマウスピースを使って

歯並びを治していきます。

ですので、ワイヤーを使用した矯正治療よりも自然で目立ちにくく、

装着していてもほとんど気づかれることがありません。

 

 

私は中学生の時にワイヤーの矯正治療をしていたのですが、

思春期だったので装置が見えないように笑っていました(+_+)笑

「ワイヤー見えるのが気になる」

「接客業でワイヤーがつけられない」

という方にもオススメの治療方法です(*^-^*)

0.5mの厚さなので目立ちにくく話しやすいのが特徴です。

 

◆メリット2とても衛生的!

ワイヤーの矯正装置は歯とワイヤーのすき間に

汚れが溜まってしまうので、先が細い歯ブラシを使って

キレイに保つ必要があります。

「インビザライン」は、ご自身で取りはずし可能な装置なので、

洗浄しながら使用いただくことで清潔に保つことができます。

 

◆メリット3:金属アレルギーの方も安心

ワイヤーやブラケットをつけないので

金属アレルギーの方も問題ありません。

 

 

◆メリット4:歯を動かす際の痛みも少ない

マウスピースを装着する際の

締め付けられる感覚はありますが、

慣れてくるとその感覚がなくなり快適です。

また、ワイヤーが外れて

お口の中が傷ついたりということもありません。

 

 

 


 

※「インビザライン」は、薬機法上の承認されていない治療器具です。

「インビザライン」は、アメリカのアラインテクノロジー社の製品の商標です。

インビザラインを用いた矯正は、世界中で行われており、

一般的には「アライナー矯正」、日本では「マウスピース矯正」とも呼ばれます。

アライナー矯正のための装置は、様々な会社が製作しており、

インビザラインの他にも、多数種類があります。

 

 

日本で「医療機器としての矯正装置」と認められるものは、

1.薬事承認されている材料を使ったもの

2.日本の国家試験を通った歯科医師か歯科技工士によって製作されたもの

3.既成品であればそのものが薬事承認されている

でなければなりません。

インビザラインの製作は、日本国内で歯科医師が患者さまに合わせて

オーダーしたものを、アラインテクノロジー社が、

コスタリカにあるアメリカの工場においてロボットで製作します。

日本国内で歯科医師が設計し、実際の製作は海外においてですので、

薬機法の対象とはなりません。

「インビザライン」の他にも、世界では数十社が販売しており

アメリカでは歯科矯正治療の3分の1程度がマウスピース矯正装置で行われています。

「インビザライン」は全世界で600万症例が治療されています。

今まで、矯正治療に伴う重大な副作用の報告はありません。

日本においては薬事法で承認を受けておりませんので

インビザラインを使った治療は医薬品副作用の被害救済制度の対象となりませんでしたが、

今年中に、インビザライン が日本で製造されるようになるため、被害救済制度の対象になる見込みです。

 


 

患者様のお口によってどの治療が適しているのかは違ってきます。

まずは検査・診断して

どういった矯正治療があるのか、治療期間、費用など

無料でご相談いたします。

 

矯正の専門医師が出勤しております月曜日・水曜日、

月に1回、日曜日に矯正日がございます。

いつでもご連絡お待ちしております。

 

 

 

 

 

お口の中も金属アレルギー!?オールセラミックがおすすめの理由

 

ピアスや指輪などアクセサリーでの金属アレルギーは

一般的ですが、

お口の中の金属でも「金属アレルギー」が起こるのを

ご存じでしょうか。

 

 

お口の中の被せ物や詰め物の金属は、

劣化したり、唾液によって溶け出し(イオン化)

唾液中のたんぱく質と結合してアレルギーの元となります。

 

アレルギーの元は少しずつ体内に溜まり続け、

「自分の身体のものではない!!!」と反応し、

さまざまな症状が出ます。

それが、「金属アレルギー」です。

 

お口の中の「金属アレルギー」は、

粘膜のただれや炎症・口内炎だけではなく、

ひどい場合は「アトピー性皮膚炎」など、

全身の症状が起こる場合もあります。(+_+)

 

 

症状はすぐには現れずに、身体の許容範囲を超えてから

発症するので、気づかないうちにアレルギー反応を

起こしてしまいます。

 

 

 

保険内の治療では、金属の詰め物や被せ物の治療になります。

このお口の中の金属の詰め物・被せ物は、

金属アレルギーを引き起こす原因となるだけでなく、

時間が経つと変色したり、金属が溶け出して歯茎も黒ずんできたり

劣化が激しいため、二次虫歯にもなりやすいです。

もともと金属アレルギーの方はもちろん、

金属アレルギーでない方も、

身体に良い素材の詰め物や被せ物がオススメです。

 

 

金属アレルギーの方も安心していただけるよう、

メタルフリーの素材もご用意しております。

 

 

 

 

◆オールセラミック

オールセラミッククラウン

  • 自然歯の色に近く、透明感も再現できる
  • 歯ぐきとの境目がわかりずらく、自然に生えて見える
  • 金属を使用しないため歯ぐきへの変色がない
  • 金属アレルギーの心配がない

また、セットする際の接着剤も保険の被せ物とは違いますので

二次むし歯にも保険のものよりなりずらいです。

セットした後にもツルツルに磨くので汚れもつきにくいです。

 

見た目だけでなく、身体のことも考えれば、
オールセラミックがオススメです。
もし、金属の詰め物・被せ物をやり変え希望の方が
いらっしゃればいつでもお問い合わせください。

矯正治療のご紹介特典♪

 

 

通院中の方で、ご家族や周りの方に

「矯正治療」ご希望の方が周りにいらっしゃいませんか?

 

 

 

紹介いただき、矯正治療ご成約になれば、

紹介していただいた方に

 “電動ハブラシ” をプレゼント致します。

 

 

「患者様ご紹介カード」をお渡しいたしますので

スタッフまでお声がけください(*^-^*)

 

 

 

「今すぐ治療した方が良い?」

「目立たない治療はないの?」

「費用は期間はどれくらい?」

 

など、ご質問あればご相談ください。

ご相談は費用はかかりませんので

お気軽にご相談ください。

ご来院お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しい噛み合わせって??

 

 

 

 

 

 

綺麗な噛み合わせは、上の歯1本に対し、下の歯2本が噛み合ってるような

噛み合わせです。

例えば、写真のような、上の歯の ”第一小臼歯” に、

下の ”第一小臼歯” と ”第二小臼歯” が噛み合っている状態です。

 

 

噛み合わせは、咀嚼や発音・外観・姿勢などに関わってきます。

 

噛み合わせが悪いと、上下の歯の食べ物がうまく噛めなかったり、

接触のある歯の部分にだけ、咬合力が集まってしまい、

負担がかかることで歯の寿命を縮めてしまいます。

 

また、前歯のかみ合わせが悪いと、

発音しづらかったり、会話中に唾が飛んだり、

唇閉じにくく口が乾いたり、見た目も悪くなってしまいます。

 

噛み合わせは生まれつきや噛み癖・歯ぎしり・頬杖などの

日常での癖が原因のこともあり、そういった普段の行動の癖は

自分では気付いていない方が多いです。

噛み合わせが悪化する前に、気付いて直すことが重要ですし、

そのためにも専門機関で適切な噛み合わせの診断が必要です。

 

ご自身やお子様の噛み合わせが気になるという方は

いつでもご相談ください。

矯正治療のご相談は無料で行っています。