意外と聞かない

こんにちは😃

 

皆さん突然ですが歯科医院でのクラスター意外と聞かないと思いませんか??

 

コンビニよりも多いと言われている歯科医院ですが、クラスターが発生すればあっとゆうまにあちこちで広まりそうですが私の身近でも知り合いの歯科医院でもまだ聞いていません。

 

口腔内を見るのでもちろんマスクを外しますし、治療の際は飛沫も飛びます。

 

新型コロナウィルスが流行り始めの頃は海外では歯科衛生士が感染のリスクが最も高い職業だなどと言われたり、マスクを外す治療を受けることを懸念する方もたくさんいらっしゃいました。

 

今では日常化しておりますが検温、器具はもちろん一人一人ディスポーザブルのものや滅菌したものを使用しておりますし、私たちは1人の患者さんに対しグローブを状況に応じ何枚も使っています。最近では診察券の受け渡しを無くすために診察券アプリへの切り替えも行いました。

 

私達自身が皆様に飛沫を飛ばしてしまったり感染経路になってしまってはいけないのでマスクを二重にしたりゴーグルをしたりと感染予防対策をしっかりとしております。

 

今では口腔内を清潔に保つことが感染対策にもなるとクリーニングも重要視されつつあります💡

 

こんな世の中で行きたいけどどうなんだろうと悩まれている方はよつば歯科はパーテーションで仕切られているだけでなく完全個室なので安心してきていただければと思います✨

 

 

分院のひまわり歯科も待合室と診療室の天井にあるエアコンにプラズマクラスターが設置されました✨

今度写真撮ってきますね(^^)📷

 

意外と装置の付く矯正治療や顔が腫れてしまう親知らずの抜歯は今が狙い目だったりします✨

 

余談ですが私もこの間緊急事態宣言前に無症状ですが予防を兼ねてPCR検査してきました!

 

無事に陰性でしたがやはりドキドキしました!

 

今までの予防対策は間違えていないと信じて皆さんも手洗い、マスク、外から帰ってきた時のガラガラうがいを徹底して1日でも早く元通りとまでいかなくとも日常が取り戻せますように‥★

新型コロナ感染対策とプラズマクラスター

あけましておめでとうございます!
本年も当院と当ブログをよろしくお願い致します🐢

 

 

緊急事態宣言が発令されました昨今、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
テレワークに移行した方も、テレワークができない業種の方も
感染症のリスクは気になるところと思います。
「新型コロナウィルス、流行ってるけど歯科医院は大丈夫?😓」
「治療に通ってるけど感染の可能性は?😟💦」
今回はそんな疑問にばっちり答えちゃいます!🐢

 

 

結論から言うと歯科医院が特別感染の可能性が高いわけではないです。
まず大前提として、新型コロナ以外にもインフルエンザやノロウイルス、風疹など
私たちの身の回り、特にこの季節には感染する可能性のあるウィルスや細菌が活発になっています。
歯科医院は常日頃からこれらの感染を防ぐために、それこそ新型コロナが流行する前から
しっかりと予防を行っています。
マスクとゴーグルの着用はもちろん、
患者様が触る可能性のある場所、ユニットの消毒、
口腔内は必ず滅菌された器具を使う、
指先の消毒を行ったうえで患者様ごとにグローブの交換、
紙コップ紙エプロンを使い捨てに、
それに加え現在では患者様への検温、手の消毒のお願い、換気を行っています。

 

 

もちろん「だから絶対に感染の可能性がありません!」と言い切ることはできません。
どこに行っても感染の可能性はありますが、歯科医院が特別高いわけではありませんよ、というお話です。

 

 

「歯科医院は感染リスクが高い」と報道されることもありますが
これは多くの患者さんと接し、エアロゾル(治療時に出る飛沫のこと)を浴びる機会が多い
歯科医や歯科衛生士に感染するリスクがある、という意味で
患者様へのリスクの話ではありません。
実際に去年歯科医院でクラスターが発生したというニュースでも
スタッフ同士の感染であり、患者様へ感染したというものではありませんでした。

 

 

歯科医院によっては、定期健診などの不急の治療に関しては今は控えるよう患者様へお願いしているところもあるようですが
「歯が痛いけど、コロナが怖いから我慢しよう」
「歯のお掃除の時期だけど、こういうご時世だから…」
と必要以上に不安にならないでください。
歯科医院では、十分な予防を毎日行っています。

 

 

更に当院ではシャープのプラズマクラスターの空気清浄機を設置し
感染症対策を行っています。
シャープは去年の9月、イオンを発生させる技術「プラズマクラスター」が
新型コロナウイルスの抑制に効果があると発表しています。
シャープ、「プラズマクラスター」がコロナに効果(外部リンク日本経済新聞)

 

 

当院はコロナ禍でも患者様に安心して来院していただけるよう
予防策をしっかりうって、ご来院をお待ちしております。