神経をとると歯の寿命が縮まる?

 

虫歯の大きさが大きく神経まで達してしまうと

神経を抜き、中をお掃除する根管治療を行わなければなりません。

 

 

治療の途中で一時的な痛みがでることはありますが、

歯の知覚(しみたり、痛みの感覚)を感じる神経をとるので、

痛みを感じなくなります。

 

 

しかし、神経をとってしまうと、

歯の寿命が短くなるのを知っていますか?

 

 

神経には、血管が含まれていて、

血液から歯に栄養を与えているのです。

 

 

血液によって、

細菌が歯の内部に入ってきたとしても、

ある程度血液免疫力で守ったり、

新たな歯の組織を作ったりできるのです。

 

神経をとってしまうと、血管もなくなるので

栄養がいかなくなったり、

歯が割れやすくなってしまいます。

 

 

なので、神経に達するような大きい虫歯になる前に、

小さな虫歯のうちに治療するのが良いですね。

治療回数も少なく費用も少なくてすみますよ!

 

 

小さな虫歯を見つけるには、

やはり定期的な検査や歯石取りが必要です。

 

しばらく歯医者に行ってないなという方や

少し痛みを感じるなという方はいらして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療途中の方、お早目に受診ください(^^)/

 

別の歯医者に行っていたけど

治療の途中で歯医者に行かなくなってしまって痛くなった、、

という患者さんがたくさんいらっしゃいます。

 

「痛みもなくなったし、、」

「何度もキャンセルしてしばらく経ってるし気まずいな、、」

 

心当たりのある方も多いと思います。

 

 

しばらく治療途中のまま放置していた方も

またご予約くださいね(^^)/

 

 

お痛みがなくても、状態が悪化していることがあります!

よくあるのが、神経や被せ物の治療の途中で

仮のフタや仮歯のまま放置しているパターンです。

 

仮のフタや仮歯は、また治療が行えるよう

外れやすい材料にしています。

 

神経の治療の途中の仮のフタは、少しずつ外れていきますが

主にカルシウムなので飲み込んでも大丈夫です。

ただ、全部外れた状態で放置していくと

せっかく神経をキレイにお掃除したのにそこから菌が入ってしまい

歯の寿命を縮めることになります。

神経をとって痛みがないので放置する方が多いのですが、とっても危険です。

 

仮歯は短期間の仮の歯なのですり減ったり破折したりしやすいです。

すり減ったところは、歯の移動によって補正が起こり

噛み合わせの削ったスペースがどんどん失われていきます。

放置してしまうと以前は残せたところも

削らないといけなくなってしまいます。

 

 

治療途中の方や、他院で治療途中の方は

お早目に受診ください!

ご予約お待ちしております。

 

 

 

 

「歯の削る部分は最小限に」を目指しています

 

 

虫歯や被せ物の治療などを行う時、

当院では「拡大鏡」とよばれる顕微鏡を

使って治療を行っています。

 

 

拡大鏡

 

 

 

ライトでより手元が見えやすくなり、

顕微鏡で拡大することで治療部分がしっかり見えるため

歯を削る範囲を最小限に抑えることができます。

肉眼だけでは難しいですが、拡大鏡を使うことで

より精密な治療を行うことができます。

 

 

 

 

 

定期検診に行って早期発見&予防しましょう(^^)/

 

 

 

「痛みがないし、しばらく歯医者に行っていない」という方いらっしゃいませんか?

 

歯周病や大人のむし歯は痛みなどの自覚症状は無いまま

静かに進行していきます。

気づいた時には、神経を取らなければならなかったり、

歯を支える骨が溶かされて抜歯に、、ということも多いです。

 

 

痛みが出てから歯医者に行くのではなく、

定期的に検診に行ってむし歯や歯周病の早期発見!&予防が大切です。

 

 

定期検診ではむし歯や歯周病の検査だけではなく、

歯茎のお掃除やブラッシング(お子様にはフッ素塗布もしています)など

行っているのでむし歯予防にもなります!

 

 

そして、定期検診と同じく大切なのが、毎日のハミガキです。

ブラッシングの仕方は歯の部位やお口の中の歯の状態によって

変わってきます。

歯と歯の間には汚れが溜まりやすく、そこからむし歯や歯周病になることも多いです。

歯ブラシだけではなく、デンタルフロスやご自身に合った歯間ブラシを使うのがオススメです。

 

 

衛生士によるブラッシング指導や患者様に合わせて

歯ブラシや歯間ブラシを選んだりもしています。

定期検診に行くことで、ご自身の毎日のハミガキを

見直すきっかけにもなります。

 

 

定期検診のお葉書が届いている方、

しばらく歯医者に行っていないという方

ご自身の歯を守るために、検診に行きましょう!

 

定期検診に来ていただいた方には素敵なプレゼントもあります(^^)/(^^♪

 

ご予約お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

定期健診に行っていますか?

 

歯の治療が終了してからずっと歯医者にはいっていない…

という方は多いのではないでしょうか。

 

 

あるデータでは、80才でまだ残っている歯の数は

日本では平均10本、

虫歯予防の国といわれているスウェーデンでは平均25本でした。

 

 

これだけ差があるのは、ちゃんと定期健診を行っているからです。

 

 

 

定期的にケアをすることで、虫歯や歯周病予防になります!

大人の虫歯や進行が遅く、じわじわ虫歯になっていくので

「痛みが無いから大丈夫」と思っていてもすでに虫歯が大きかった

ということが多いです。

また歯周病も痛みがないうちにどんどん歯や骨を溶かし、

痛みが出た時にはもう手遅れということが多いです。

 

定期的な検診を行っていれば、

お口の状態に何か問題があっても早めの対処ができます。

小さな虫歯だと治療時間も痛みも少しで済みますよ。

 

 

また、検診では歯のクリーニングも行っています。

(お子様だと歯を強くするフッ素を塗布しております。)

 

 

定期健診は3か月に1度をおすすめです。

痛くなる前に、定期健診を受診し虫歯や歯周病を予防しましょう!

 

 

検診ご希望の方はご予約お待ちしております。

 

 

 

 

お口の中も金属アレルギー?

こんにちは!

みなさんはアレルギーをお持ちですか?

 

「ピアスや指輪など金属アレルギーだからつけられない!」

という方も多くいらっしゃると思います。

実は、原因となる金属は身に着ける物だけとは限りません!

詰め物やかぶせ物の保険治療で使われている

歯科の金属によるアレルギーが原因ということも多いんです。

 

 

お口の中の粘膜のただれや炎症、口内炎だけではなく、

ひどい場合は”アトピー性皮膚炎”など全身の症状が起こる場合もあります。

 

 

 

 

当院では、金属アレルギーを起こさないセラミックという

材料を使った治療をおすすめしています!

アレルギーがある方だけでなく、無い方にも  体にやさしい 材料です。

 

また、保険の金属のものは、二次虫歯のリスクが高いのですが、

セラミックのものは歯石などの 汚れがつきにくい 素材のため、

二次虫歯のリスクも低く、白いので見た目も綺麗です。

 

 

 

 

今治療を行っている方、今は保険の金属だけどやり替えたいなという方はご相談くださいね。

 

 

 

 

簡単に抜歯にしないために

虫歯が深く歯ぐきの中まで進んでしまっています

奥歯を2本抜歯の診断でした

左奥2本虫歯が深い
かぶせ物をするのに必要な歯質が失われている

患者さんの希望もあり

歯を抜かずに残す方法

クラウンレングスニング(+APF)

を行いました

歯と歯茎の境目が明瞭になった
しっかり歯ぐきの上に歯が出てきた

これで歯ぐきが綺麗に治癒したらまたかぶせ物で治していけます

 

1時間ほどの治療中、全く痛みを感じなかったとの事で喜ばれてました。

 

 

抜歯と診断されても、

適切な処置を行えば

再びしっかり噛む健康な歯にすることができます。

 

お悩みの方はぜひご相談ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MTAセメントによる根管治療(理想的な根っこの治療)

歯の神経を取り

根っこの中にお薬を入れる治療を

根管治療といいます。

その時にどのようなお薬を入れているかご存知でしょうか?

 

 

今までの根の治療では写真左側のガッタパーチャというゴムのようなものを束にして入れていました。

しかし、時間とともに劣化していく素材の為、何年か経つとまた痛み出したりすることがあります。

 

 

最近では(日本以外の先進国では)ガッタパーチャによる根管治療は少なくなり、写真右側のMTAセメントを使用した根管治療が主流になっているように思います。

簡単な違いは

ガッタパーチャは

時間とともにぼそぼそに劣化する

特に薬効作用はない

神経治療後の封鎖性が悪い(再感染リスクが高い)

MTAは

初めは殺菌作用を持つ

後から膨張硬化し、根っこの中をガッチガチに封鎖する

(再感染リスクが少ない)

と、MTAがガッタパーチャの問題点を解消しています。

 

 

ただ、万能のようなMTAにも一つ難点が、、、

それは

専用の器具やマイクロスコープなどがないと

根っこに入れるのが非常に難しいという事です。

 

 

よつば歯科クリニックではMTAセメントを利用した

根管治療も積極的に行っております。

より、長持ちする、再発のしにくい治療をご希望の方は

スタッフもしくはドクターにご相談ください。

被せ物の土台について。最新型!歯に優しいファイバーコア導入!

こんにちは。よつば歯科クリニックです!
今日は被せ物の土台についてお話します。

神経の治療をした後、神経を取り除いた根っこに人工的に土台をたて、
そのあと被せ物を作っていくのですが、
土台にはいくつか種類があることをご存知でしょうか。

 

 

当院では、保険が適用できる土台の「レジンコア」、
保険適用外の「ファイバーコア」という2種類の土台を使用しています。

 

 

この度、従来使用していたファイバーコアから、
”歯に優しい!最新型のファイバーコア” に変えることになりました!

 

 

レジンコアとファイバーコアの違いは?
今までのファイバーコアと新しいファイバーコアは
どのようにパワーアップしているのかお伝えします。

まず、レジンコアとファイバーコアの特徴です。

 

 

◼レジンコア(写真1)
保険適用であるので、安く作ることができるのが特徴です。
しかし、一部金属でできているので、金属アレルギーがある方はおすすめしません。長年使用していると、金属が溶け、歯の色や歯茎が変色してしまうことがあります。また、とても硬いので歯根が割れてしまう可能性があります!!!(;_;)こうなると、せっかく残っていた歯も、抜歯の可能性が高くなってしまいます、、

 

 

◼ファイバーコア(写真2)
保険適用外のため、レジンコアよりは高くなってしまいますが、
グラスファイバー繊維を固めたもので、適度にしなやかなものなので、歯根が割れる心配も非常に少ないです。
透明な素材のコアなので、変色もなく、被せ物の色や歯茎の色も自然な色になり、審美的です!
せっかく被せ物をつくるなら、キレイに長持ちさせたいですよね!

 

 

◼従来のファイバーコアと、新しいファイバーコアとの違い
今までのファイバーコアはまっすぐのグラスファイバー繊維を束ねたものでしたか、新しいファイバーコアは繊維を編み編み状に固めたものなので、今までのものよりさらに丈夫になりました。
歯根だけでなく、被せ物にも優しいファイバーコアです!

 

 

写真一番下のものが、新しいファイバーコアなのですが、
歯の形に合わせて、いろいろな細さのファイバーコアを組み合わせて
より強度の強いコアにできます!

 

 

 

神経の治療をされてる方で土台について悩んでる方や
なにか質問がある方はいつでもご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯医者さんで治療したのになぜ痛い??

当院に初めていらっしゃる患者さんに
「他院で治療してから痛みが出た」
「治療したのになぜ痛い?」
と言われることが良くあります。

その歯医者さんも悪い治療をしたわけではなく
しっかりとした治療をしていると思います。
しかし、患者さんにとって
病院に行って状態が悪くなるのは
きっと納得がいかないことが多いでしょう。

歯医者さんでの治療は
ばい菌がいっぱいいるところを
除去する治療がメインになります。

するとどうしても数%の可能性で
1回の治療では取り切れなかったばい菌が
暴れだして以前より痛みが増すことがあるのです。

このような時どうすればいいのか、、、、

歯医者さんに行きましょう。
痛みを和らげるお薬か、状態によっては
その日に痛みをとる処置をしてくれると思います。

当院では
お痛みの強い場合など、急なご予約にも
できる限り対応いたします。
(事前にお電話をいただけると準備等スムーズにできるので助かります)
痛みを我慢するのは非常にストレスになるものです。
我慢し続けるのではなく、ぜひ一度ご相談ください。