インプラント治療は事前の診断・治療後のメンテナンスが必要です

 

インプラントは、入れ歯やブリッジの被せ物に比べて

自分の歯のようにお食事を楽しめて

見た目も美しいですが、

骨の量、持病や歯周病の状態など

事前にしっかりと調べて診断しないといけません。

 

 

【インプラント治療のメリット】

・残っている他の歯への影響が少ない

・自然の歯に近い感覚で食事ができる

・見た目が良く審美性に優れている

 

 

【インプラント治療のデメリット】

・手術が必要

・顎の骨の量や硬さに影響を受ける

・治療期間が長期

・保険外の治療のため、高額となる

 

 

 

 

 


◆噛む力が強い方

「天然歯」は、歯根の周りの「歯根膜」によって、

咬んだときの圧を感知し、

咬む力をコントロールしています。

「インプラント」は、顎のまわりの骨膜・噛むための筋肉・顎の関節などの

センサーでコントロールされますが、天然歯と比べれば感度は劣るので、

“かみ合わせ” を注意する必要があります。

 

歯ぎしりが癖になっている方や咬む力が強い方は、

普段から気をつけたり、マウスピースを使う、

顎の筋肉を収縮させて噛む力を弱くする

「ボトックス治療」を行うなどして咬む力を調整します。

 

 

 


 

◆持病(全身疾患)を抱えている人のインプラント治療について

インプラントは、心疾患など症状が重い方や

安定していない方は手術することが難しい場合があります。

糖尿病が重症の方は、骨をつくる細胞の機能や数も低下しているため、

インプラントと骨の結合が悪くなる恐れがあり

治療後にも「インプラント歯周炎」になるリスクが高まります。

 

他にも、、、、

・骨粗しょう症

・血糖値がコントロールされていない方

なども治療が難しいですが、投薬の種類を変えたり、

治療期間を調整したりすることで治療可能です。

全身疾患をお持ちの方は事前にインプラント治療が行えるかどうか

持病の主治医の先生と相談する必要があります。

 

 


 

◆喫煙をしている方のインプラント治療

喫煙は、粘膜の血液の流れが悪くなり、

傷の治りや骨の治癒が遅れたりします。

また、インプラントの汚れもたまりやすいため

禁煙指導を行っています。

 

 


 

◆インプラント治療を行う前に、、、

上記のことからも、インプラント治療は、

治療前にしっかりと患者様のお身体のことを知り

診断することが必要です。

 

①CT検査

インプラントは顎の骨に埋入するので

骨の状態を三次元で撮影し、診断します。

CTを撮って、

インプラントできるのか、

人工骨などで骨を増やす必要があるか、を調べたり

神経を傷つけずにしっかりとインプラントを埋入できるように、

コンピューターで解析を行います。

 

②検査

人間ドックや血液検査をお持ちいただいています。

よつば歯科でも、指先から少量の血液を採取し

精密管理の評価を受けている専門の検査センターで解析する

「インプラントリスクチェッカー」という血液検査を行っています。

 

 

③歯周病検査

インプラントはインプラントの周りの歯茎が炎症を起こす

「インプラント周囲炎」にかかりやすいです。

歯周病の治療が完了せずに、インプラントの治療を行うと、

インプラント周囲炎を引き起こしやすいので

治療前には必ず歯周病の状態を見て、しっかりと治療する必要があります。

 


◆治療後のメンテナンス

インプラントは天然歯に比べて粘膜との間に

汚れがたまりやすいです。

ご自宅で歯ブラシやフロスなどしっかりと行うこと。

そして、歯医者での定期的なメンテナンス、

クリーニングに通うことが大切です。

 

 

 


 

このように、

インプラントをキレイに長く使用するには、

事前にお身体の状態を調べることと

治療後のしっかりとメンテナンスが必要です。

 

 

インプラント治療のご相談は無料ですので

いつでもご相談ください。

 

 

 

インプラントを長持ちさせるために。

 

 

理事長の大平です。

先日、野阪泰弘先生の講演会で勉強してきました。

野阪先生は、大阪歯科大学の非常勤講師をされていて、

インプラントに関する著書も多数執筆されています。

講演会では、兵庫県芦屋市にある医療法人社団野阪口腔外科クリニックでの、

臨床症例や手術動画を見せていただき、大変勉強になりました。

 

野阪先生は、患者さん側から、「長持ちするインプラントを入れて下さい」と

言ってもらえるようにするために、

60分かけてインフォームドコンセントされるそうです。

 

※インフォームドコンセントとは
患者・その家族が病状や治療について十分に理解し、また、医療職も
患者・家族の意向や様々な状況や説明内容をどのように受け止めたか、
どのような医療を選択するか、患者・家族、医療職など関係者と
互いに情報共有し、皆で合意するプロセスです。
ただ単に病状を告げ、同意書をとることではなく、日常の場面においても、
患者と医療職は十分に話し合って、どのようなケアを行うか決定する必要があります。

 

 

 

以下に患者さまからよくある質問をあげます。

 


 

◆Q:「CT撮影を何度もするけど身体に害はないの?」

A:自然放射線を浴びている事を考えると、

もし年に30~60回CT撮影したとしても大丈夫です。

ご安心ください。

 

 

◆Q:「インプラントを埋入して感染は大丈夫?」

A:体内と体外を貫通しているのは、歯科インプラントのみ!

感染しないように、口腔衛生指導を何度も行います。

 

 

◆Q:「なぜインプラントはこんなに費用と時間がかかるの?」

A:安全で長期的予後のいい治療には

費用と時間がかかってしまいます。

安心・安全のためですのでご理解ください。

 


 

 

インプラントの術前審査で、CT撮影は欠かせません。

その際、上顎洞粘膜の肥厚が見られることがあり、

歯が原因のもの(歯原性)と歯でないものが原因のもの(非歯原性)に分類できます。

(※上顎洞粘膜が分厚くなっているのは身体にとってはよくないことです)

 

 

 

非歯原性の典型として挙げられる、

上顎洞内に発生する「粘液貯留嚢胞 」とは

上顎洞粘膜の粘液腺などの腺管がつまってできる嚢胞(のうほう) です。

また、歯原性の典型としては、「根尖病巣」があり、

その場合はインプラントの前に根管治療か抜歯を行う必要があります。

 

抜歯をして6か月経過しても、骨治癒が悪い場合が約8%あるそうです。

その場合、再掻爬(さいそうは)や骨穿孔(こつせんこう)

といった処置などが必要になる場合もあります。

 

 

このように、インプラントを安全に長持ちさせるためには、

患者さまのお身体やお口の状態を事前にしっかり検査し、

インプラントが行えるのかどうかの診断が大切です。

加えて、どういった治療であるかの説明を行うこと、

そしてそれを患者さま自身にもご理解いただくことも必要です。

 

 

「歯がなくて食べられない」

「骨が回復しない」などで、お悩みの方は、

ぜひ一度、よつば歯科にご相談下さい。

 

理事長  大平 晃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野阪先生と記念撮影  2019.01.14

ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社の木村社長がいらっしゃいました。

 

先日、ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社

木村亮 代表取締役社長がお見えになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社は、

インプラントやインプラントを埋入する器具・機械を

つくっている会社です。

 

世界には100種類以上のインプラントの会社がありますが、

その中で、世界初のシステムであり一番多く歯科医院に使用されているのが

ノーベルバイオケア株式会社のものです。

 

よつば歯科でもノーベルバイオケアのものを

使ってインプラント治療を行っています。

40年以上の歴史があるので安心して

治療を受けていただけます。

 

また、長期にわたり保管しているので

再治療や修理が必要になった場合も安心です。

引越しなどの理由で当院に通えなくなってしまった場合も、

お近くの歯科医院がノーベル製品を使用していれば、

メンテナンスを受けることができます。

 

 

インプラントの相談は無料で行っているので

いつでもご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療について発表しました。

 

平成最後の月になりましたね。

急に寒くなってきましたので風邪をひかないよう

お気をつけください。

もし院内が寒かったりしたら教えてくださいね。

 

 

12月25日まで

ホワイトニングキャンペーンを行っております。

お得に歯を白くすることができますよ♪

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

ホワイトニングキャンペーンについて

 

 

 

先日、理事長の大平がインプラント治療について

発表してきました(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラントオペの回数も増えております。

入れ歯になると、食べ物の味がしなくなったり

噛む力も弱くなってしまったり

ワイヤーをかけるため隣の歯にも影響してしまいます。

インプラントは天然歯と同じくらいの力で噛むこともでき

お食事もおいしくできますよ。

気になる方はご相談だけでもできますので

ご連絡お待ちしております。

 

 

 

 

 

オールオン4のオペがありました。

 

 

 

インプラントのオールオン4のオペがありました。

 

オールオン4とは、

歯が1本もない方や多くの歯を失った方へ

4~6本のインプラントを埋入し、すべての歯を支える治療法です。

インプラントの埋入本数を最小限に抑えられるので

費用や身体への負担もおさえられます。

 

 

 

昨日は麻酔科の先生に来ていただき

半分眠った状態でインプラントオペを行いました。

なので、痛みを感じることなく安心して

インプラントオペを受けていただくことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オペの様子です。

 

インプラント相談はいつでも無料で行っています!

 

 

 

 

インプラントのオペを行う前に、全身の健康チェック!

 

インプラント治療をはじめる前には、

虫歯や歯周病でないかお口の状態の検査だけでなく

全身の健康もチェックすることが大切です。

 

 

 

傷が治りにくいことはないか、

血が止まりにくいことはないか、

糖尿病や脂質など調べたりして

外科手術を受ける体調かどうかなどをチェックする

インプラントリスクチェッカー”という

血液検査を行っています。

 

 

 

指先から採血するのですが、

採取する血液の量はほんのわずかです。

従来の病院の検査では10mlとっていましたが

このインプラントチェッカーでは

たったの0.065mlしかとりません。

 

採血後は、精密管理の評価を受けている

専門の検査センターで解析されます。

病院で受けるのと同じ検査結果を得られます。

 

安心!簡単!な高精度の検査です。

 

しっかりと身体の状態を調べて

治療計画やオペの説明も納得いただくまで

ご説明するようにしているので

安心してインプラント治療を受けられます(^^)/

 

 

 

インプラントの相談は無料で行っているので

いつでもお問合せください。

 

 

 

オールオン4オペコースの研修を受けてきました。

 

 

オールオン4のオペコースの研修に

理事長の大平がインプラントセンター大磯で受けて来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように上4本、下4本のインプラントの埋入で

すべての歯を支えることができます。

 

去年、当院で行ったインプラント症例についても発表してきました!

より良いセラミック補綴を入れる為にディスカッションする時間があり

大変勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールオン4は、

治療期間が短くて、オペ当日に綺麗な仮歯が入る

素晴らしいシステムだと再認識しました。

 

少しでも患者さんの負担を減らす為に、

スタッフ共々、研究を重ねていこうと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラントのオペがありました。~オペ室の様子~

 

 

先日、インプラントのオペがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻酔をしっかり行い、オペを行うのでオペ中はお痛みはありません。

(ちょっと痛みが怖いなという方は、麻酔科の先生に来ていただき

半分眠った状態でインプラントオペをすることもできます。)

 

 

この日もインプラントの3Dシミュレーションソフトを

使い、キレイにインプラントが埋入されました。

 

 

 

インプラントや歯周病の外科治療、歯茎の中に埋もれている歯を抜歯する

埋伏抜歯など、よつば歯科では外科系の治療を多くおこなうので、

それらを行う専用のオペ室があります。

 

 

このオペ室には、マイクロエンドとよばれる顕微鏡や、血圧測定器、

呼吸がしずらくなった方が酸素を吸うボンベなどがあります。

 

また、病院の手術室でよく見られる「無影灯」もあります。

写真の上部分にちょっと写っているの、見えますか?

 

 

影にならないので、手元が暗くなることなく

よく見える明るい状態でオペを行うことができます。

 

 

 

 

しっかりとした設備のもと、インプラントのオペを行っているので

安心して治療を受けられます。

 

 

インプラント相談は無料で行っているので

いつでもご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最先端のインプラント研修を受けてきました(^^♪

 

 

先日、最先端のインプラント治療についてのセミナーに

院長の下村が参加してきました。

 

 

韓国で2日間にわたってしっかりと学んできました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に研修を受けた他院の先生方と記念写真です(^^)/

 

 

 

やはり、インプラント治療は安心・安全に行うのが第一です。

今後も皆さまに安心して治療を受けていただくために

常に学び、治療に活かしていきたいと思います。

 

 

当院では、骨の状態や神経などがわかるよう

CTとよばれる3次元のレントゲンを撮影し、

シミュレーションソフトを使って

確実なインプラント治療を行えます。

 

また、担当医制でしっかりと治療方針など説明しており、

不安な部分があればなんでもお答えしています。

 

 

 

インプラント相談は無料で行っています。

もしご興味のある方はいつでもご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

インプラントのオペがありました。

 

 

本日よつば歯科ではインプラントのオペがありました。

インプラントって痛そう、、怖い、、というイメージを

お持ちでないですか?

 

 

当院では、ご希望があれば麻酔科の先生に来ていただき、

半分眠った状態でインプラントの手術を受けることができます。

 

 

 

 

また、歯科用CTを使用して患者様の骨や神経の状態をしっかり確認し、

カウンセリングを行った上で治療いたします。

最新のシミュレーションソフトを使って

事前にシミュレーションを行い治療するので安心です。(^^♪

 

 

もし、検査の結果から、顎の骨の厚みや高さが足りないと診断された場合は、

人工骨やご自身の骨を増殖するなど、インプラントを埋め込むために

適した状態に治療することによって、インプラント治療が可能になることもあります。

 

顎の骨の状態に合わせてさまざまな治療方法がありますので、

他院でインプラント治療は困難と診断された方も一度ご相談ください。

 

 

よつば歯科ではお痛みが少なく、安心安全にインプラント治療を行います。

 

 

まずは一度ご相談ください。