意外と知らない?!正しい歯みがき

 

 

虫歯・歯周病予防のために重要な毎日のブラッシング。

意外と正しい歯みがき知らない方が多いんです。

今日はいくつかポイントをお伝えします(^^)/★

 

 

◆歯と歯ぐきの境目を意識して、歯ブラシを45°の角度で当てる

◆軽い力で小刻みに左右に振動させる(毛先が歯と歯の間に入りやすくなります)

◆歯みがき粉は発泡剤・研摩剤の含まないものを使用する

 

泡立つ歯みがき粉では、磨いたつもりになってしまい

正しいブラッシングができなくなってしまうことが多いです。

また、発泡剤として含まれているラウリル硫酸ナトリウムは

口腔粘膜保護の「ムチン」というものを破壊して

ドライマウスになるリスクが高まります。

 

そして研磨剤が含まれる歯みがき粉は、

着色落としますが、歯や歯茎を傷める原因となってしまうので

あまりおすすめはしません。

 

 

低研摩・少ない泡立ちの歯みがき粉を

当院でも処方しておりますので

いつでもお問合せ下さい。

 

また、ブラッシング指導も行っておりますので

歯みがきに関してわからないことや不安なことあれば

いつでもご質問くださいね!

 

 

 

 

痛みがなくても定期的な検査とクリーニングを

 

治療途中の方やしばらく定期健診にいらっしゃってない方

よつば歯科でも多くいらっしゃいます(;_:)

 

「痛み」がないと歯医者に行かない…

そういった方が多くいらっしゃいますが、

定期的に美容院に髪のメンテナンスに行くように、

お口の中も定期的なメンテナンスが必要です!

 

 

中でも多いのが、歯周病の治療(歯茎のおそうじ)の

治療途中の方です。

痛みが無いから、症状が少しよくなったから、おそうじくらい、、と

来なくなってしまう方が多いのですが、

日本人は5人に4人が歯周病になっているという調査報告があります。

そして、歯を失う一番の原因は歯周病なんです。

 

 

歯周病は早期に発見して適切な治療を受け、

日々のご自宅でのケアや定期的な検診を続けることで

進行させずによい状態を保つことができます。

 

歯周病は初期段階では、自覚症状がほとんどなく、

治療途中のまま放置したり、定期的に歯科検診を受けないと

かなり進行してから歯周病に気付くことになります。

 

半年~長ければ1年以上、通院が必要になり、

ひどい場合は抜歯になることもあります。。

 

歯が無い方より、自身の歯の多い方の方が、

長生きするという報告もあります。

おじいちゃんおばあちゃんになっても

自分の歯でおいしくごはんが食べたいですよね(^^)/

歯は一生ものですよ。

しばらく通っていないという方や

少ししみるな、歯磨きの時に少し出血という方は

ご連絡ください。

 

 

お口の状態別 オススメの歯ブラシ粉♥

 

みなさんはどんな歯磨き粉を使ってますか??

 

お口の中の状態によって

オススメの歯ブラシ粉は違います。

それぞれの特徴のオススメをご紹介します。

 

 

 

 

虫歯のリスクが高い方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェックアップがオススメです。

◎高濃度フッ素配合で虫歯予防!

◎研摩剤無配合

 

 

虫歯予防と歯を白くしたい…という方には

デント(DENT.) ブリリアントモア フレッシュスペアミント 90g

 

 

 

 

 

 

ブリリアントモアがおすすめです。

◎ステインを浮かせて落とす

◎フッ化ナトリウム配合で虫歯予防です

 

 

 

 

 

歯周病リスクが高い方

 

 

関連画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SP-Tジェルがオススメです。

◎歯周病予防の薬用成分が

歯肉や歯周ポケットにとどまります

◎フッ化ナトリウムも配合で虫歯予防

 

 

 

知覚過敏が気になる方

「システマセンシティブ」の画像検索結果

 

 

 

 

システマセンシティブがオススメ

◎知覚過敏の痛みをブロック

◎歯周病予防にもなります

◎長時間ブラッシングに適した低研摩・少ない泡立ち

 

 

 

歯ブラシ粉は院内で処方しておりますので

自分に合った歯ブラシ粉、歯ブラシが知りたい!という方は

いつでもご連絡ください。

 

 

ひとりひとりお口の状態は違います。

歯周病のリスクが高いのか、

虫歯のリスクが高いのかなど

ご自身の口腔内の状態がわかる

” 唾液検査 ” も行っているので気になる方は

お問合せください。

 

 

だ液検査についてはこちらの記事をお読みください。

 

 

 

 

 

歯茎マッサージで虫歯や歯周病、口臭を予防しよう!

 

歯茎マッサージをご存知ですか?

 

マッサージをすると歯茎の血液の

リンパの流れが活性化されて

栄養や酸素がいきわたります。

また、老廃物も排出される効果もあります。

 

歯茎が健康になるだけでなく、

歯茎マッサージは

だ液の分泌を促す効果もあり、

虫歯や歯周病、口臭の予防にも繋がりますよ!

 

手を使うだけなのでとても簡単に行えます。

 

 

 

①まず歯ブラシをしてお口の中を清潔にする

②手を洗って清潔な指でマッサージする

※爪で歯茎を傷つけないよう気をつけて下さい。

 

③ピンク色が白っぽくなる程度の強さで

順番にひとつひとつの歯茎を押していく

 

④口元の筋肉をほぐすよう指の腹で粘膜をマッサージする

 

 

 

 

 

睡眠時は唾液の量が少なくなるため、

寝る前と朝に行うのが良いです。

朝は時間が無いなぁという方は入浴中がオススメ!

手も清潔だしあったかくて血液の血行も良いです。

ご自宅でのケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

定期検診に行って早期発見&予防しましょう(^^)/

 

 

 

「痛みがないし、しばらく歯医者に行っていない」という方いらっしゃいませんか?

 

歯周病や大人のむし歯は痛みなどの自覚症状は無いまま

静かに進行していきます。

気づいた時には、神経を取らなければならなかったり、

歯を支える骨が溶かされて抜歯に、、ということも多いです。

 

 

痛みが出てから歯医者に行くのではなく、

定期的に検診に行ってむし歯や歯周病の早期発見!&予防が大切です。

 

 

定期検診ではむし歯や歯周病の検査だけではなく、

歯茎のお掃除やブラッシング(お子様にはフッ素塗布もしています)など

行っているのでむし歯予防にもなります!

 

 

そして、定期検診と同じく大切なのが、毎日のハミガキです。

ブラッシングの仕方は歯の部位やお口の中の歯の状態によって

変わってきます。

歯と歯の間には汚れが溜まりやすく、そこからむし歯や歯周病になることも多いです。

歯ブラシだけではなく、デンタルフロスやご自身に合った歯間ブラシを使うのがオススメです。

 

 

衛生士によるブラッシング指導や患者様に合わせて

歯ブラシや歯間ブラシを選んだりもしています。

定期検診に行くことで、ご自身の毎日のハミガキを

見直すきっかけにもなります。

 

 

定期検診のお葉書が届いている方、

しばらく歯医者に行っていないという方

ご自身の歯を守るために、検診に行きましょう!

 

定期検診に来ていただいた方には素敵なプレゼントもあります(^^)/(^^♪

 

ご予約お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

歯周病が治らない…という方。歯茎の再生治療の症例

 

歯周病の治療は、専用器具を使って歯茎の中をお掃除します。

汚れをとることで、歯周ポケットの深さもだんだん浅くなっていくのですが、

器具が届かないとこまで汚れていたり

すでに歯周病が進み歯茎が痩せていたりすると、

歯茎のお掃除だけでは改善されない場合もあります。。

 

 

 

そのような時には、歯周外科治療を行って歯茎の中の汚れを

取り除いたり、歯茎を移植したりといった治療を行います。

先日、歯周組織再生治療(エムドゲイン)を行った患者様の治療が

終了したのでご紹介いたします。

 

 

 

歯周組織再生治療とは、

歯周病の感染の原因となっている菌を徹底的に取り除き、

健康な歯周組織(骨・神経・血管・歯ぐき)を再生する材料を

塗布する治療です。

 

 

 

 

            Before                                  ⇒       After

 

 

 

 

 

(患者様に掲載許可をいただいております。)

 

左の写真が治療前の写真です。

下の前歯の歯茎が歯周病によって下がり、

歯が露出してしまっていました。

歯茎の再生治療によりモリモリっとした健康な歯茎になりました。

 

また、黄色くなっていた歯も、自費のむし歯治療を行って

白いキレイで自然な色の歯になりました。

 

保険のむし歯治療は、むし歯を削って

いくつかの決まった色の樹脂を詰めていきますが、

自費のむし歯治療だと、より多くの色の樹脂を

絵の具のように混ぜて患者様の歯の色に合わせた色を

作って詰めていくので、仕上がりがとても自然になります!

 

また、詰め物をつめる時の接着剤も保険の治療とは別の

より良いものを使っていて、仕上げの磨きもしっかり行い

歯の表面をツルツルにすることで保険の治療より

二次むし歯のリスクが低いです。

 

 

 

歯周病治療を長くしているのに全然治らない、、という方、

自費のむし歯治療を行いたいという方は

よつば歯科クリニックにご相談ください。

 

 

 

 

 

定期的に歯茎のお掃除を!

 

 

お痛みが無いから定期検診に行っていない方多いのではないでしょうか。

よつば歯科クリニックの定期健診では、

①レントゲン撮影、②虫歯の治療、③歯周病の検査、④治療や歯周ポケットのお掃除を行っています。

 

 

痛みが無いから、歯が黒くなっていないから大丈夫と思っていても、

虫歯や歯周病は、ご自身では気づかないうちに進行しているかもしれません。

定期的に検診でチェックすることが、歯の寿命を長くするには、欠かせません。

 

 

歯ブラシの時の出血や歯茎が腫れているという方は

歯茎の炎症が起こっているサインです!

 

歯と歯肉の境目の掃除ができていないと、そこに多くの細菌が住み付き、

(歯垢が溜まっていきます)歯周ポケットは深くなっていきます。

深い歯周ポケットは、歯ブラシなどでお掃除がさらに難しくなり、汚れが溜まりやすいです。

4mm以上になると、歯周病の原因である細菌が

繁殖しやすくなり、

6mm以上になると、より一層細菌の繁殖しやすい環境になります!

 

 

炎症が続くと、骨吸収がおき、ほっておくと抜歯に、、、(+_+)

 

 

お口の中の歯周病の菌の割合が高い、歯肉が薄い、歯並びが悪い、

噛む力が強すぎるなど、歯周病の進行を進める要因はさまざまです。

 

歯科衛生士による専門的なクリーニングをして、

定期的にメインテナンスすることが大切です。

最近歯医者さんに行っていないな、、という方や

定期検診のお知らせが届いたけど痛みが無いから行っていなかった、という方は

検診・歯茎のおそうじにいらしてください。

 

お待ちしております(^^♪

 

 

 

 

 

 

定期健診に行っていますか?

 

歯の治療が終了してからずっと歯医者にはいっていない…

という方は多いのではないでしょうか。

 

 

あるデータでは、80才でまだ残っている歯の数は

日本では平均10本、

虫歯予防の国といわれているスウェーデンでは平均25本でした。

 

 

これだけ差があるのは、ちゃんと定期健診を行っているからです。

 

 

 

定期的にケアをすることで、虫歯や歯周病予防になります!

大人の虫歯や進行が遅く、じわじわ虫歯になっていくので

「痛みが無いから大丈夫」と思っていてもすでに虫歯が大きかった

ということが多いです。

また歯周病も痛みがないうちにどんどん歯や骨を溶かし、

痛みが出た時にはもう手遅れということが多いです。

 

定期的な検診を行っていれば、

お口の状態に何か問題があっても早めの対処ができます。

小さな虫歯だと治療時間も痛みも少しで済みますよ。

 

 

また、検診では歯のクリーニングも行っています。

(お子様だと歯を強くするフッ素を塗布しております。)

 

 

定期健診は3か月に1度をおすすめです。

痛くなる前に、定期健診を受診し虫歯や歯周病を予防しましょう!

 

 

検診ご希望の方はご予約お待ちしております。

 

 

 

 

歯ぐきが下がって歯が長く見える

若い女性から

「歯ぐきが下がって歯が長く見える」

という相談を受けました。

 

左下の歯ぐきが一つだけ下がってしまい根っこが露出しています

さらにそこから少し虫歯が進行している状況です

 

若い女性で見た目を気にされていることから

虫歯を除去したのち、

歯ぐきの再生と

今後歯ぐきが下がらないように血流改善を

同時に行いました。

約3週間後です

下がっていた歯ぐきが再生され

歯肉の厚みも増加したことで下がりにくく改善できました。

 

歯ぐきが下がって歯が長く見えることを

歯肉退縮と言います。

原因は生まれ持ったお口の環境や

歯ぎしり

矯正治療

強すぎる歯磨き圧

などですが、一度下がると元に戻らないことが多いです。

 

状況がご希望に応じて様々な対応方法がございますので

気になる方は一度ご相談ください!

 

 

簡単に抜歯にしないために

虫歯が深く歯ぐきの中まで進んでしまっています

奥歯を2本抜歯の診断でした

左奥2本虫歯が深い
かぶせ物をするのに必要な歯質が失われている

患者さんの希望もあり

歯を抜かずに残す方法

クラウンレングスニング(+APF)

を行いました

歯と歯茎の境目が明瞭になった
しっかり歯ぐきの上に歯が出てきた

これで歯ぐきが綺麗に治癒したらまたかぶせ物で治していけます

 

1時間ほどの治療中、全く痛みを感じなかったとの事で喜ばれてました。

 

 

抜歯と診断されても、

適切な処置を行えば

再びしっかり噛む健康な歯にすることができます。

 

お悩みの方はぜひご相談ください