妊娠中の治療について~治療可能な時期や安心して治療いただくために~

 

妊娠中はホルモンバランスが変化するため

むし歯や歯茎の腫れが進行しやすくなります。

妊娠中だと治療が子どもに影響がないのか

不安な方もいらっしゃると思いますが、

妊娠中でも、安定期であれば安全に治療することができます。

今日は妊娠中の口腔内について、治療についてお話しします。

 

 


 

~妊娠によるお口の変化~

妊娠によって、お口の中にも様々な変化があります。

・つわりによって歯磨きが難しいので磨き残しが増える

・少しずつ何度も食事するため口の中で酸性の状態が続き、

 虫歯ができやすくなる

・ホルモンが増加し通常よりも歯肉に炎症が起きやすい

・唾液の性質が変化し、口の中がネバネバの状態になり

 細菌が活動しやすくなる

 

 


 

~むし歯菌の母子感染について~

母子感染乳幼児へ虫歯菌が移ってしまうことがあり

むし歯が多いお母さんの子供は早くから

むし歯になる危険性が高いといわれています。

お口の中を清潔にしておくことが赤ちゃんにとって

とても大切なことです。

 


 

~妊娠中の治療の時期~

妊娠中も時期をみて安全に治療することができます。

 

妊娠初期(1~4か月)

過度の緊張や長時間の治療は避けています。

痛みをとるなど応急処置にとどめます。

 

妊娠中期(5~7ヶ月)

ほどんどの方が問題なく治療できます

 

妊娠後期(8~10カ月)

母体に負担がかかるので

緊急を要しない処置のみを行います。

出産後、また治療を再開しています。

 

⇒治療は「妊娠中期」がオススメです。◎

 


 

~妊娠中の歯科治療について~

 

「妊娠 歯科治療 イラスト フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻酔をしても大丈夫??

急性処置が必要な場合や外科処置を行う時に麻酔が必要となる場合があります。

歯科の麻酔薬は無痛分娩にも使われるもので、体内に入ると肝臓などで

分解され、尿と共に排出されます。

麻酔の薬が胎盤を通過することはなく

麻酔薬が胎児に影響することはないので、安全です。

むしろ、むし歯での痛みや治療の痛みによるストレスを考えれば

適切に麻酔を使用した方が良いです。

麻酔せずに、むし歯や歯周病を放っておいた方が

デメリットが大きいく負担がかかってしまいます。

「注射の痛みが苦手」、「麻酔の痛みが怖い」という方は

麻酔の前に表面麻酔で麻酔を打つ部分をしびれさせてから行う

という方法もございますのでお声がけ下さい。

 

 

レントゲンの撮影は影響ないの??

歯科のレントゲンは、顎や歯の周辺だけを撮影するので

直接お腹にX線が当たることはありません。

また、防護用エプロンを必ずつけており、お腹を保護しているので

被ばく量は限りなくゼロになるため、胎児への影響はありません。

ご安心ください。

 

お薬飲んでも大丈夫?

抗生物質は胎児に悪影響を及ぼすお薬もあるので

妊娠8週以内では使用をしていません。

痛み止めは、痛みによる精神的ストレスがある場合

その方が身体に良くないので

比較的安全なものを処方しております。

いずれも必要性やお身体の具合、安全をみて

適切な時期や分量を考慮して処方しております。

 

 


 

~江戸川区「妊婦歯科健診」について~

江戸川区在住の方は、無料歯科健診の受診をオススメします。

無料で受けられる健診ですのでぜひご活用ください。

 

対象:受診日に江戸川区に住民登録がある妊婦の方。

妊娠中に1回受診できます。

※江戸川区に転入以前に、他の自治体で既に受診された方も受診できます。

※2019年3月まで実施の健康サポートセンターでの妊婦歯科健診を受診された方は対象となりません。

 

内容:問診、口腔内診査

必要な持ち物:母子健康手帳、妊婦歯科健診受診票(持っている方だけで結構です)

妊婦歯科健診受診票は、2019年3月20日(水曜日)以降、母子健康手帳交付時にお渡しします。

2019年3月19日(火曜日)以前に母子健康手帳を交付された方また受診票を紛失した方は、受診票が無い旨を受診の際にお申し出ください。

 

期間:2019年4月1日(月曜日)より開始。

通年実施しています。

 

費用:無料

※レントゲン撮影や、治療を行う場合には、治療費がかかります。

 

 

 

 

歯周病にかかっているかも!?~歯茎の健康チェック~

 

「歯周病」は、歯と歯ぐきの間に汚れが溜まることで炎症を起こし、

症状が進行すると歯を支える顎の骨も溶かしてしまい、

最終的に歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の初期「歯肉炎」は痛みがほとんどないので、

なかなか自分では気づかない方がほとんどです。

「歯周病」は歯を失う一番の原因です。

「自分はかかってないだろう」、

「すぐに治るものだろう」と安易に考えている方、

実はとっても怖い病気です。

 

歯周病の進行の様子

 

 

今日は、歯茎の健康かどうかチェックしましょう。

当てはまっているものはありますか??

 

 


 

~歯茎の健康チェック~

・歯茎から出血していませんか?

歯を磨いたら歯茎から血がでる方、

歯茎の病気の第一シグナルです。

歯垢がかたまり歯石になると

普段の歯ブラシだけでは落とす事ができません。

歯科医院で専用器具を使いプロにお掃除してもらいましょう。

当院ではおそうじだけでなく歯ブラシ指導も行っております。

小学生の時以来歯ブラシの仕方を教わっていない方も多いのでは

ないでしょうか。正しいブラッシング方法で歯周病を予防しましょう。

 

・歯の周りの歯茎が赤い、腫れている

歯と歯の間の歯茎が腫れていますか?

腫れていて血がでるからと歯ブラシを怠ると

余計に状態が悪化してしまいます。

ていねいに傷つけないようにして歯磨きしましょう。

 

・口臭が悪化している

歯茎に汚れが溜まっていて匂いがしているかもしれません。

普段の歯ブラシにフロスや歯間ブラシを使って

歯茎のおそうじも取り入れてみてください。

 

・歯茎が黒っぽいものが詰まっている

歯垢がかたまり、歯石になると黒くて固い砂のようなものに変わります。

歯ブラシだけではとれないので歯科医院で専用器具でのおそうじが

必要です。

 

他にも、、、

・歯が以前より長くなったようにみえる

・歯と歯のすき間に食べ物がつまる

・歯がグラグラする、浮いているようにみえる

・水を飲むと歯茎がしみる、痛い

 

このような症状も歯周病のサインです。

すぐに歯科医院にかかりましょう。

 

 

 

 


 

~歯茎を健康に保つために♪~

■お口の中をきれいに

歯ブラシや歯間ブラシ、フロスを使って

いつも清潔にしておきましょう。

 

 

自分に合った歯ブラシを使う

毛のかたさ、ヘッドの大きさなど市販の歯ブラシにも

様々な種類があります。

歯や歯茎の状態によっておすすめの歯ブラシは変わるので

歯科衛生士に聞いてみてください。

歯ブラシの交換はだいたい”1ヶ月”と言われています。

毛先が開いたブラシでは磨けているようで磨けていません。

1ヶ月もたたずに毛先が開いてしまう方はブラッシングに

力を入れすぎかもしれません。

 

 

■生活リズムを整える

睡眠をしっかりとるなど生活リズムを整え

生活の質を上げることは大切です。

 

■タバコを吸わない

喫煙と歯周病はとても関係が深く、

喫煙者は歯周病にかかりやすく、重症化しやすいです。

また、治療しても治りにくいことがわかっています。

自分では禁煙が難しい、、という方は

禁煙外来に通ってみてはいかがでしょうか。

 

■歯科医院に定期的に通う

痛みがなくても、歯周病は進行しているかもしれません。

歯ブラシでは汚れが落としきれていない部分もあるので

定期的にクリーニングを行いましょう。

 

 

■バクテリアセラピー

 

バクテリアセラピー

 

 

 

 

「バクテリアセラピー」とは、ヨーロッパ発祥の

細菌を使った予防医学です。

優れた善玉菌を摂取し、身体の中にいる菌(むし歯、歯周病菌)を

減らして体質を変えていく細菌療法のことをいいます。

 

菌といっても、もともと人の身体に住んでいる善玉菌ですので

副作用など害を与えることはありません。

「むし歯、歯周病菌を減らす」、「口臭を減らす」

「胃や腸を整える」、「アレルギー症状を軽減する」効果もあります。

試してみたい方はスタッフまでお声がけください。

 

 

 

 

患者様ひとりひとりのお口の中を大切に。

 

 

よつば歯科では医院理念をもとに

皆さまに愛され、100年続くような歯科医院になりたいと考えています。

 


~医院理念~

当院は患者さんのお口の健康を守り素敵な笑顔を創ります。

美味しく食事ができるように咬合治療や精密臨床を行います。

当院スタッフは日々研修を行い予約時間を守って効率の良い診療を目指します。

患者さんに安心して通っていただけるように明るく丁寧に対応します。

スタッフと患者さんの幸せを常に考え、地域に愛され100年続く医院を目指します。


 

 

皆さんはどういった歯科医院に通いたいですか??

口腔内の治療を行いますので、安心・安全で

しっかりとした治療はもちろんですが、

よつば歯科では患者様ひとりひとりと向き合って

ご納得いただきながら治療をするように心がけています。

笑った時に見える歯がキレイだと
印象がとても変わります。
また、美味しく食事するのにも歯はとても大切なものです。
お口の中は大切でデリケートな部分ですので、
治療の説明をしっかりと行い、
 不安や不満を抱えていればそれを解消しながら
治療をすすめたいと思っています。
もし少しでも不安やご不明点がございましたら
いつでもおっしゃって下さいね。

たばこは歯にも良くない!?~歯医者が禁煙をおすすめする理由~

 

喫煙は肺がんの原因となるだけでなく、

歯にも悪いのをご存知ですか?!

 

 

たばこに含まれるニコチンは毛細血管を収縮させて、

歯茎の血流を悪くしてしまい、

酸素や栄養が行き渡らなくなってしまう原因となる成分です。

喫煙していると

◆細菌に対する免疫力が弱くなったり

◆歯周病にかかりやすい

◆傷の治りが遅い、治療したところが回復しにくい

など、とてもお口にとって良くないことが起こります。

 

 

たばこに含まれるタール(ヤニ)は、歯に着色して

黄色く見えてしまいます。

また、粘着性があるので歯垢や歯石がつきやすくなり

虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます(+_+;)

 

その他にも、口臭の原因となったり、

歯茎が黒ずんで見えたり、、、

 

特に歯周病の患者さんは、治療していても

効果が出なかったり治療後も再び歯肉が悪くなってしまったりするので

禁煙をおすすめします。

 

禁煙すると歯周病のかかりやすさは4割減るという研究もあります。

禁煙したいけど難しい、、という方は禁煙外来もおすすめですよ。

 

 

 

 

 

 

 

意外と知らない?!正しい歯みがき

 

 

虫歯・歯周病予防のために重要な毎日のブラッシング。

意外と正しい歯みがき知らない方が多いんです。

今日はいくつかポイントをお伝えします(^^)/★

 

 

◆歯と歯ぐきの境目を意識して、歯ブラシを45°の角度で当てる

◆軽い力で小刻みに左右に振動させる(毛先が歯と歯の間に入りやすくなります)

◆歯みがき粉は発泡剤・研摩剤の含まないものを使用する

 

泡立つ歯みがき粉では、磨いたつもりになってしまい

正しいブラッシングができなくなってしまうことが多いです。

また、発泡剤として含まれているラウリル硫酸ナトリウムは

口腔粘膜保護の「ムチン」というものを破壊して

ドライマウスになるリスクが高まります。

 

そして研磨剤が含まれる歯みがき粉は、

着色落としますが、歯や歯茎を傷める原因となってしまうので

あまりおすすめはしません。

 

 

低研摩・少ない泡立ちの歯みがき粉を

当院でも処方しておりますので

いつでもお問合せ下さい。

 

また、ブラッシング指導も行っておりますので

歯みがきに関してわからないことや不安なことあれば

いつでもご質問くださいね!

 

 

 

 

痛みがなくても定期的な検査とクリーニングを

 

治療途中の方やしばらく定期健診にいらっしゃってない方

よつば歯科でも多くいらっしゃいます(;_:)

 

「痛み」がないと歯医者に行かない…

そういった方が多くいらっしゃいますが、

定期的に美容院に髪のメンテナンスに行くように、

お口の中も定期的なメンテナンスが必要です!

 

 

中でも多いのが、歯周病の治療(歯茎のおそうじ)の

治療途中の方です。

痛みが無いから、症状が少しよくなったから、おそうじくらい、、と

来なくなってしまう方が多いのですが、

日本人は5人に4人が歯周病になっているという調査報告があります。

そして、歯を失う一番の原因は歯周病なんです。

 

 

歯周病は早期に発見して適切な治療を受け、

日々のご自宅でのケアや定期的な検診を続けることで

進行させずによい状態を保つことができます。

 

歯周病は初期段階では、自覚症状がほとんどなく、

治療途中のまま放置したり、定期的に歯科検診を受けないと

かなり進行してから歯周病に気付くことになります。

 

半年~長ければ1年以上、通院が必要になり、

ひどい場合は抜歯になることもあります。。

 

歯が無い方より、自身の歯の多い方の方が、

長生きするという報告もあります。

おじいちゃんおばあちゃんになっても

自分の歯でおいしくごはんが食べたいですよね(^^)/

歯は一生ものですよ。

しばらく通っていないという方や

少ししみるな、歯磨きの時に少し出血という方は

ご連絡ください。

 

 

お口の状態別 オススメの歯ブラシ粉♥

 

みなさんはどんな歯磨き粉を使ってますか??

 

お口の中の状態によって

オススメの歯ブラシ粉は違います。

それぞれの特徴のオススメをご紹介します。

 

 

 

 

虫歯のリスクが高い方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェックアップがオススメです。

◎高濃度フッ素配合で虫歯予防!

◎研摩剤無配合

 

 

虫歯予防と歯を白くしたい…という方には

デント(DENT.) ブリリアントモア フレッシュスペアミント 90g

 

 

 

 

 

 

ブリリアントモアがおすすめです。

◎ステインを浮かせて落とす

◎フッ化ナトリウム配合で虫歯予防です

 

 

 

 

 

歯周病リスクが高い方

 

 

関連画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SP-Tジェルがオススメです。

◎歯周病予防の薬用成分が

歯肉や歯周ポケットにとどまります

◎フッ化ナトリウムも配合で虫歯予防

 

 

 

知覚過敏が気になる方

「システマセンシティブ」の画像検索結果

 

 

 

 

システマセンシティブがオススメ

◎知覚過敏の痛みをブロック

◎歯周病予防にもなります

◎長時間ブラッシングに適した低研摩・少ない泡立ち

 

 

 

歯ブラシ粉は院内で処方しておりますので

自分に合った歯ブラシ粉、歯ブラシが知りたい!という方は

いつでもご連絡ください。

 

 

ひとりひとりお口の状態は違います。

歯周病のリスクが高いのか、

虫歯のリスクが高いのかなど

ご自身の口腔内の状態がわかる

” 唾液検査 ” も行っているので気になる方は

お問合せください。

 

 

だ液検査についてはこちらの記事をお読みください。

 

 

 

 

 

歯茎マッサージで虫歯や歯周病、口臭を予防しよう!

 

歯茎マッサージをご存知ですか?

 

マッサージをすると歯茎の血液の

リンパの流れが活性化されて

栄養や酸素がいきわたります。

また、老廃物も排出される効果もあります。

 

歯茎が健康になるだけでなく、

歯茎マッサージは

だ液の分泌を促す効果もあり、

虫歯や歯周病、口臭の予防にも繋がりますよ!

 

手を使うだけなのでとても簡単に行えます。

 

 

 

①まず歯ブラシをしてお口の中を清潔にする

②手を洗って清潔な指でマッサージする

※爪で歯茎を傷つけないよう気をつけて下さい。

 

③ピンク色が白っぽくなる程度の強さで

順番にひとつひとつの歯茎を押していく

 

④口元の筋肉をほぐすよう指の腹で粘膜をマッサージする

 

 

 

 

 

睡眠時は唾液の量が少なくなるため、

寝る前と朝に行うのが良いです。

朝は時間が無いなぁという方は入浴中がオススメ!

手も清潔だしあったかくて血液の血行も良いです。

ご自宅でのケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

定期検診に行って早期発見&予防しましょう(^^)/

 

 

 

「痛みがないし、しばらく歯医者に行っていない」という方いらっしゃいませんか?

 

歯周病や大人のむし歯は痛みなどの自覚症状は無いまま

静かに進行していきます。

気づいた時には、神経を取らなければならなかったり、

歯を支える骨が溶かされて抜歯に、、ということも多いです。

 

 

痛みが出てから歯医者に行くのではなく、

定期的に検診に行ってむし歯や歯周病の早期発見!&予防が大切です。

 

 

定期検診ではむし歯や歯周病の検査だけではなく、

歯茎のお掃除やブラッシング(お子様にはフッ素塗布もしています)など

行っているのでむし歯予防にもなります!

 

 

そして、定期検診と同じく大切なのが、毎日のハミガキです。

ブラッシングの仕方は歯の部位やお口の中の歯の状態によって

変わってきます。

歯と歯の間には汚れが溜まりやすく、そこからむし歯や歯周病になることも多いです。

歯ブラシだけではなく、デンタルフロスやご自身に合った歯間ブラシを使うのがオススメです。

 

 

衛生士によるブラッシング指導や患者様に合わせて

歯ブラシや歯間ブラシを選んだりもしています。

定期検診に行くことで、ご自身の毎日のハミガキを

見直すきっかけにもなります。

 

 

定期検診のお葉書が届いている方、

しばらく歯医者に行っていないという方

ご自身の歯を守るために、検診に行きましょう!

 

定期検診に来ていただいた方には素敵なプレゼントもあります(^^)/(^^♪

 

ご予約お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

歯周病が治らない…という方。歯茎の再生治療の症例

 

歯周病の治療は、専用器具を使って歯茎の中をお掃除します。

汚れをとることで、歯周ポケットの深さもだんだん浅くなっていくのですが、

器具が届かないとこまで汚れていたり

すでに歯周病が進み歯茎が痩せていたりすると、

歯茎のお掃除だけでは改善されない場合もあります。。

 

 

 

そのような時には、歯周外科治療を行って歯茎の中の汚れを

取り除いたり、歯茎を移植したりといった治療を行います。

先日、歯周組織再生治療(エムドゲイン)を行った患者様の治療が

終了したのでご紹介いたします。

 

 

 

歯周組織再生治療とは、

歯周病の感染の原因となっている菌を徹底的に取り除き、

健康な歯周組織(骨・神経・血管・歯ぐき)を再生する材料を

塗布する治療です。

 

 

 

 

            Before                                  ⇒       After

 

 

 

 

 

(患者様に掲載許可をいただいております。)

 

左の写真が治療前の写真です。

下の前歯の歯茎が歯周病によって下がり、

歯が露出してしまっていました。

歯茎の再生治療によりモリモリっとした健康な歯茎になりました。

 

また、黄色くなっていた歯も、自費のむし歯治療を行って

白いキレイで自然な色の歯になりました。

 

保険のむし歯治療は、むし歯を削って

いくつかの決まった色の樹脂を詰めていきますが、

自費のむし歯治療だと、より多くの色の樹脂を

絵の具のように混ぜて患者様の歯の色に合わせた色を

作って詰めていくので、仕上がりがとても自然になります!

 

また、詰め物をつめる時の接着剤も保険の治療とは別の

より良いものを使っていて、仕上げの磨きもしっかり行い

歯の表面をツルツルにすることで保険の治療より

二次むし歯のリスクが低いです。

 

 

 

歯周病治療を長くしているのに全然治らない、、という方、

自費のむし歯治療を行いたいという方は

よつば歯科クリニックにご相談ください。