「ラバーダム防湿法」って??

 

・顎が弱い方、長時間お口を開けているのが難しい方

・唾液が治療箇所に入ってしまう

 

そういった場合は、

「ラバーダム」を使用して治療を行っています。

奥歯の治療や、根管治療で多く使用されます。

 

 

 

◆ラバーダム防湿とは、、

口の中のだ液には常にたくさんの細菌が含まれています。

治療する歯にクランプという金具を装着し、

治療する部分以外を薄いゴムのシートで覆うことで、

だ液やお口の中の細菌が治療部分へ感染するを

予防しながら治療する方法です。

ラバーダムの装着は、手間や時間もかかるので

実施している歯医者さんは10%程度とまだ少ないのが現状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラストで見ると辛そうにみえますが、

鼻と横のすき間から息をすることができますし、

唾を吸う管を入れるので唾が溜まったりしないので

苦しくはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に「根管治療」では、だ液が入って根管内の細菌感染してしまうと

再治療や抜歯という場合もあるため、ラバーダムが必要と判断した場合や

顕微鏡「マイクロスコープ」を使った根管治療では、必ず使用しています。

 

 

◆ラバーダム防湿の効果

・細菌の侵入を防ぐ!

だ液には、たくさんの細菌が含まれています。

ラバーダムで覆うことで、口腔内の細菌が治療部分へ侵入するのを

防ぐことができます。

 

 

・術野が見やすくなり治療しやすい!

ラバーダムをすることで、

歯科医師が口の中を見やすくなります。

治療する部分だけに集中して、より丁寧に治療することができます。

 

 

 

・誤いんを防ぐことができる!

治療などで使用する器具や削片、洗浄の薬品など

誤って飲み込むのを防ぐこともできます。

 

 

・頬や舌の保護ができる!

頬や舌など傷つけることなく治療することができます。

舌の力が強くて、治療中にどうしても

舌が動いて治療器具で傷ついてしまう、というのを防ぐことができます。

 

 

・防湿ができる!

歯科医師は、鏡(ミラー)で治療箇所を見ながら治療しています。

ラバーダムで覆えば、乾燥した状態になるため

ミラーが曇りを抑えることができ、治療を正確に効率よくできます。

 

 

このようにそれぞれの患者様にとって

ベストの治療を努めています。

 

※様々なケースがありますので、

患者さまによっては適さない場合もあります。

 

 

 

 

インプラント治療は事前の診断・治療後のメンテナンスが必要です

 

インプラントは、入れ歯やブリッジの被せ物に比べて

自分の歯のようにお食事を楽しめて

見た目も美しいですが、

骨の量、持病や歯周病の状態など

事前にしっかりと調べて診断しないといけません。

 

 

【インプラント治療のメリット】

・残っている他の歯への影響が少ない

・自然の歯に近い感覚で食事ができる

・見た目が良く審美性に優れている

 

 

【インプラント治療のデメリット】

・手術が必要

・顎の骨の量や硬さに影響を受ける

・治療期間が長期

・保険外の治療のため、高額となる

 

 

 

 

 


◆噛む力が強い方

「天然歯」は、歯根の周りの「歯根膜」によって、

咬んだときの圧を感知し、

咬む力をコントロールしています。

「インプラント」は、顎のまわりの骨膜・噛むための筋肉・顎の関節などの

センサーでコントロールされますが、天然歯と比べれば感度は劣るので、

“かみ合わせ” を注意する必要があります。

 

歯ぎしりが癖になっている方や咬む力が強い方は、

普段から気をつけたり、マウスピースを使う、

顎の筋肉を収縮させて噛む力を弱くする

「ボトックス治療」を行うなどして咬む力を調整します。

 

 

 


 

◆持病(全身疾患)を抱えている人のインプラント治療について

インプラントは、心疾患など症状が重い方や

安定していない方は手術することが難しい場合があります。

糖尿病が重症の方は、骨をつくる細胞の機能や数も低下しているため、

インプラントと骨の結合が悪くなる恐れがあり

治療後にも「インプラント歯周炎」になるリスクが高まります。

 

他にも、、、、

・骨粗しょう症

・血糖値がコントロールされていない方

なども治療が難しいですが、投薬の種類を変えたり、

治療期間を調整したりすることで治療可能です。

全身疾患をお持ちの方は事前にインプラント治療が行えるかどうか

持病の主治医の先生と相談する必要があります。

 

 


 

◆喫煙をしている方のインプラント治療

喫煙は、粘膜の血液の流れが悪くなり、

傷の治りや骨の治癒が遅れたりします。

また、インプラントの汚れもたまりやすいため

禁煙指導を行っています。

 

 


 

◆インプラント治療を行う前に、、、

上記のことからも、インプラント治療は、

治療前にしっかりと患者様のお身体のことを知り

診断することが必要です。

 

①CT検査

インプラントは顎の骨に埋入するので

骨の状態を三次元で撮影し、診断します。

CTを撮って、

インプラントできるのか、

人工骨などで骨を増やす必要があるか、を調べたり

神経を傷つけずにしっかりとインプラントを埋入できるように、

コンピューターで解析を行います。

 

②検査

人間ドックや血液検査をお持ちいただいています。

よつば歯科でも、指先から少量の血液を採取し

精密管理の評価を受けている専門の検査センターで解析する

「インプラントリスクチェッカー」という血液検査を行っています。

 

 

③歯周病検査

インプラントはインプラントの周りの歯茎が炎症を起こす

「インプラント周囲炎」にかかりやすいです。

歯周病の治療が完了せずに、インプラントの治療を行うと、

インプラント周囲炎を引き起こしやすいので

治療前には必ず歯周病の状態を見て、しっかりと治療する必要があります。

 


◆治療後のメンテナンス

インプラントは天然歯に比べて粘膜との間に

汚れがたまりやすいです。

ご自宅で歯ブラシやフロスなどしっかりと行うこと。

そして、歯医者での定期的なメンテナンス、

クリーニングに通うことが大切です。

 

 

 


 

このように、

インプラントをキレイに長く使用するには、

事前にお身体の状態を調べることと

治療後のしっかりとメンテナンスが必要です。

 

 

インプラント治療のご相談は無料ですので

いつでもご相談ください。

 

 

 

矯正治療のご紹介特典♪

 

 

通院中の方で、ご家族や周りの方に

「矯正治療」ご希望の方が周りにいらっしゃいませんか?

 

 

 

紹介いただき、矯正治療ご成約になれば、

紹介していただいた方に

 “電動ハブラシ” をプレゼント致します。

 

 

「患者様ご紹介カード」をお渡しいたしますので

スタッフまでお声がけください(*^-^*)

 

 

 

「今すぐ治療した方が良い?」

「目立たない治療はないの?」

「費用は期間はどれくらい?」

 

など、ご質問あればご相談ください。

ご相談は費用はかかりませんので

お気軽にご相談ください。

ご来院お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症とお口の中~水分補給と免疫力アップ~

 

花粉症や、春先や季節の変わり目ですので

体調が不調の方も多いのではないでしょうか。

 

実は「花粉症」と「お口の中」は深く関係があるのです。

歯茎などはとても免疫力の低下の影響を受けやすく、

体調不良の際にお口の中の菌に負けてしまい、

急に「歯周病」になったり、、ということもあります。

 

また、花粉症で鼻水や鼻づまりになり、

鼻で息ができずに ”口呼吸” になってしまいます。

すると、口の中が乾いた状態が続きます。

口腔内の菌は乾燥すると繁殖しやすいため、

口呼吸は、歯石がつく原因になってしまいます。

 

 

・よく水分をとる

・うがいをする

・いつもよりしっかりブラッシングする、フロスする

 

ようにしましょう。

 

 

また、免疫力を上げるのも良いと思います。

50~60℃のお湯を飲むと体に良いみたいですよ!

体温が1度上がれば、内臓の動きが約15%アップするそうです。

肝臓、腎臓、腸の動きが良くなれば、

多くの老廃物が作られ排出されます。

 

 

空腹時や食前に飲むと消化吸収に効果的。

また、起床後すぐも

寝ている間に失った水分を補うことと、

起きたばかりの胃腸を整えるのにも

良いみたいです(._.)。○〇

 

摂取量に決まりはないようなので、

ちょっと体調すぐれないなという方は

「白湯を飲む」を試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

歯医者でも禁煙すすめる理由?!

 

 

患者さまに ”紅ほっぺ” の差し入れいただきました♪

とっても真っ赤で美味しそうです~~!

お気遣いありがとうございます(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、みなさんはおタバコはお吸いですか?

「タバコは体に良くない」というのはみなさん知っていると思います。

 

実はお口の中にとっても良くないのを知っていますか?

 

 

タバコの煙が最初にとどくお口は、喫煙の悪い影響が

最初に貯蓄する場所でもあります。

「直接的な煙」+「間接的な影響力」

どちらも影響する場所ということになります。

 

タバコの煙に含まれる「ニコチン」血管収縮作用があり、

炎症が起きていても、歯肉出血が少ないため

歯周ポケットが深くなり歯周病が進行していても

自覚症状がなくひどくなるまで気付かないことも多いのです。。

 

 

 

喫煙はお口の中でこんな悪い影響が,,,,,,,,,,

・歯肉のメラニン色素沈着(歯茎が黒ずんできます)

・歯茎の中の血流が悪くなる、ヘモグロビン・酸素の量が減る

→栄養がいきわたらなくなる

・免疫機能が低下するため、細菌やウイルス感染しやすい

・歯周病が進行する・症状が重度の場合が多い

・歯周病が治りにくい

・口臭がする

 

 

禁煙する良いこと……….

・歯周病が改善される

・味覚が正常になりお食事が楽しくなる

・さまざまな病気のリスクも低下する

・受動喫煙により周りの方にも悪影響を及ぼさない

 

 

ですので、歯周病が重度の方などには「禁煙指導」もしています。

インプラントの方にも、喫煙していると、

インプラントの不具合や悪化が起きやすいので

禁煙をお願いしています。

 

とは言っても、、タバコは依存性があるので

なかなかすぐにタバコをやめるのは

結構大変なことですよね。。。

 

体やお口にとって悪いわかっていても

なかなかやめられないという方は、

「禁煙外来」を訪ねてみましょう。

 

禁煙治療認定施設であれば、

保険適応で禁煙治療を受けられます。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

印象材を使わない歯型採りで印象が快適に♪

 

歯医者さんでの歯型とりをした経験はありますか?

歯の型をとることを「印象を採る」といい、型を採る材料のことを

「印象材」といいます。

 

型をとるのは息がしずらくて苦手、、という方も多いと思いますが、

印象材の主な成分は、アレギン酸といって、

かまぼこと同じらしいですよ!

 

かまぼこと一緒なのか!と思うと

なんだかおもしろいですね。

 

歯型採りの精度をあげるため、被せ物や詰め物を作る際には

粘土のような印象材と合わせてカンテンを使います。

保険外の被せ物や詰め物ですと、より精密に印象をとるために、

シリコンを使用して印象を行います。

 

 

精密な印象をとることで、ぴったりとした詰め物、被せ物を

作ることができます。

詰め物や被せ物と歯との隙間から二次虫歯になったりするので、

精度の高い被せ物を作ることはとっても大切なのです。

 

そのためには、歯肉が腫れていて出血してしまう、食べかすがついている、

というのでは正確な歯型とりを行うことはできません。

歯の治療と並行して歯石とりやおそうじを行うのはそのためです。

 

 

歯型とりが苦手、、という方や

嘔吐反射がおこって歯型をとることが難しい、、という方は、

「光学印象」がおすすめです。

 

印象材を使わずに、てレーザー等の光によって

お口の中で直接歯型とりを行うことができます。

嘔吐反射が強い方もこれなら快適ですよ(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

お口の中をそのままスキャンできるので、

従来の型取りよりも、より精度の高い

詰め物・被せものを作ることができるという

メリットもあります。

 

 

光学印象を導入しているところはまだ少ないので

印象材の歯型採りが苦手という方は、いつでもご連絡ください。

 

 

 

 

歯はダイヤモンドで削っている?!!

 

歯医者が苦手な方の中には、削る時の

「キーンという音が苦手..」という方がいらっしゃいます。

 

 

虫歯治療で削る時、何で削っているのか知っていますか??

 

なんと、、ダイヤモンドなんです!

ダイヤモンドは、この世で最も硬い物質として知られています。

なので、工業用に合成されているダイヤモンドは

ガラスを切るなどいろいろな削る器具に利用されています。

 

歯も、ダイヤモンドで削っているんですよ!

歯の表面を覆うエナメル質はとっても硬くて、

硬さを表す単位、「モース硬度」で示すと、

ダイヤモンドが10、歯のエナメル質は7です。

 

歯を削った時の「キーン」という音は、

「エアタービン」という圧搾空気の力で、羽を高速で回転させる切削機械の音です。

それまでは、硬い歯のエナメル質を削るのは

とっても大変なことでした。

エアタービンができてからは、虫歯の部分を効率よく、正確に削ることができるようになったのです。

 

1分間に30~50万回も回転します。

高速で削るので、熱くなってしまいます。

熱を冷やすために水がでる仕組みになっていたり、

正確に削れるように照明がついていたりと

様々な工夫がされています。

 

キーンという音が苦手な方もいらっしゃるとは思いますが

虫歯の部分だけを削ってできるだけ健康な部分を残せるように、

正確に、安全に削られるように、あの音が出ているんですね。

 

 

治療中は痛みが出ないようにしっかりと麻酔を打ちますし、

麻酔を打つ前に表面麻酔を塗って麻酔の痛みも軽減するようにしています。

 

ですので、安心して治療を受けられますよ(^^)/

 

患者さまの中には、

「昔は治療が痛いイメージがあったが、全然痛くなくてびっくりした」と

驚いていらっしゃる方もいらっしゃいます。

 

歯医者が苦手…という方も、一度よつば歯科へいらして下さい。

 

歯医者苦手が克服できるかもしません(^^♪

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルテ番号が2000番台になりました♪

 

 

ついに、カルテ番号が2000番台になりました(^^)/

ありがたいことに、最近は患者様からのご紹介で…と

初診で来院される方も多く、嬉しいです(^^♪

 

治療する先生や衛生士さんはできるだけ担当制にして

統一するようにはしていますが、

通える曜日などによっては難しい場合もございます。。

 

でも、「今の先生に診てもらいたい!」「今日の衛生士さんが良い!」など

ご希望がございましたら受付でも良いのでおっしゃって下さいね。

 

やっぱり信頼できる先生に診てもらえると安心ですよね。

 

 

急患・新患受付しております。

お電話ください。

03-5678-4078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「痛み」の原因

 

「痛み」にもいろいろな痛みがあり、お痛みの原因は様々です。

お痛みのある方は、今どういった痛みですか?

 

歯がズキズキする…..

・歯髄炎/歯髄エソ

(虫歯が大きく進行して歯の神経が炎症をおこしている)

 

・歯根破折、歯冠破折

(歯にヒビが入ったり折れたりして炎症を起こしている)

 

・歯根膜炎

(浮いた感じがして、熱をもって腫れている)

 


 

歯がしみる….

冷たいものでしみる

・知覚過敏(歯茎下がって根っこが露出してきた)

・二次虫歯で詰め物など取れたりすき間ができ、

詰め物、被せ物の中が虫歯になり、虫歯がかなり深くなっている

 

熱いものでしみる

・熱い物で痛む場合は、歯の神経が腐りかけていて炎症おこしている

 

 


 

噛んだ時に痛い…..

・歯周病により歯茎、根っこの周りの骨などが炎症を起こしている

・歯の神経が死んでいる

・既に神経をとっているが、歯の周りの線維に炎症を起こしている

・歯にヒビが入ったり、折れたりして炎症を起こしている

・特定の歯だけが反対側の歯とぶつかっている

 

 


 

 

このように、痛みにもいろいろな痛みがあり、

その原因も様々です。

どういったお痛みや症状なのか

お話しをうかがったり、

レントゲン撮影を行って検査したりして

お痛みの原因を診断します。

 

 

 

①痛みの原因

②治療の選択枝

③治療に関する具体的なリスク

 

をお伝えし、今後どういった治療を進めていくのか

患者さまとご相談しています。

 

お痛みがある、しみる、違和感がある、、

そういった方はお早目に受診くださいね。

 

 

 

 

歯を抜けたまま放置すると….?

 

 

 

永久歯を抜けたままにしていると、抜けた歯の後方の歯が前方に傾き、

また抜けた歯にかみ合っていた上の歯が下方に降りてきて

それにより、かみ合わせが悪くなってしまいます。

ですので、歯を失ったら人工的な歯を補う必要があります。

 

抜けた歯・抜歯した歯を補う治療には

いくつか種類があります。

 

 

 

 


 

①ブリッジ

ブリッジとは、歯のない部分の両隣の歯を削り、連結した形のものを被せます。

(保険の銀歯のブリッジ、保険外の白くて歯にもやさしいジルコニアのブリッジ

などいくつか種類があり、費用は異なります。)

 

長所

・治療期間が短い

・セメントで装着する固定式で違和感が少ない

 

短所

・両隣の歯を土台とするので虫歯でない歯も削る必要がある

・両隣の歯に負担がかかり歯の寿命が短くなる

・土台となる歯の状態によっては、ブリッジができない場合がある

 


 

②入れ歯

歯の無い部分に取り付ける取りはずしできるもの

 

長所

・治療期間が短い

・両隣の歯を削る必要はない

・保険治療ができる

・取り外せるので綺麗に保つことができる

 

短所

・違和感がある

・噛む力は天然歯の15%

・審美性が悪い

・取りはずしの必要がある

・将来歯茎がやせていく

・金属をかける歯に負担がかかる

 


 

③インプラント

手術によりインプラントを埋込み、その上に人工の歯を固定する

 

 

長所

・自分の歯と同じように噛むことができる

・両隣の歯を削る必要がない

・他の歯に負担をかけない

・審美性にも優れている

・固定式で違和感がない

 

短所

・オペの必要がある

・保険外のため費用の負担が大きい

・骨の状態や全身の状態によってはできない場合もある

 

 

 

 

お口や体の状態によってはできないものもあるので

一番ベストな治療法をご相談させてください。